「思う」を敬語に変換しよう!

目上の人がどのように思っているか、目上の人に対して自分がどのように思っているかを伝える場合、「思う」をどのように敬語変換すればいいのか紹介します。

「思う」を敬語変換すると?

尊敬語:お思いになる、思われる、(おぼしめす:ほとんど使われない) 謙譲語:存ずる が敬語変換の基本です。では、具体例で考えてみましょう。

尊敬語の場合

目上の人に対してどう思っているかを質問する場合、 「今回の件は、どうお思いになられますか?」 「今回の件について、どう思われますか?」 のように使います。

謙譲語の場合

目上の人に対して、自分がどう思っているかを伝えるときは、 「〜と存じます」 のように「存ずる」を使います。 次の記事「「売る」を敬語に変換しよう!」 前の記事「「する」を敬語に変換しよう!」 参考リンク「よく変換する敬語一覧【動詞編】」