「がんばる」を敬語に変換しよう!

目上の人にがんばれ! と伝える場合や、目上の人にがんばることを伝える場合、敬語ではどのように変換すればよいでしょうか? 実は「がんばる」を尊敬語に変換するのはかなり難しいのです。

「がんばる」を敬語変換すると?

尊敬語:お励みになる 謙譲語:努力させていただく、努めさせていただく が敬語変換の基本です。では、具体例で考えてみましょう。

尊敬語の場合

目上の人に対して「がんばれ!」とつたえたいときに、「おがんばりください」はおかしいですよね。そこで、尊敬語を使うと 「部長、お励みになってください!」 うーん。なんかしっくりきませんね。元々、がんばるは、目下の人に対して使う言葉です。そこで、「がんばる」の場合は、尊敬語にこだわらずに 「頑張ってください」 「陰ながら応援させていただきます」 のように言った方がいいでしょう。

謙譲語の場合

目上の人に対して、がんばることを伝える場合、 「精一杯努力させていただきます!」 「精一杯努めさせていただきます!」 のように言います! 次の記事「「着る」を敬語に変換しよう!」 前の記事「「借りる」を敬語に変換しよう!」 参考リンク「よく変換する敬語一覧【動詞編】」