「着る」を敬語に変換しよう!

「着る」を敬語変換してみましょう。「着る」の尊敬語には間違えがちな注意ポイントがあります!

「着る」を敬語変換すると?

尊敬語:お召しになる、ご着用 謙譲語:着させていただく が敬語変換の基本です。では、具体例で考えてみましょう。

尊敬語の場合

「着る」を「お着になる」というとしっくりこないですよね。そこで、 「先生が洋服をお召しになる」 「先生が洋服をご着用になる」 のように言い換えます。

謙譲語の場合

目上の人に服を着せてもらう場合や、部屋を借りて洋服を着る場合などは、 「女の先生に洋服を着させていただく」 「こちらの部屋で、洋服を着させていただき誠にありがとうございます」 のように言います。 次の記事「「知る」「知っている」を敬語に変換しよう!」 前の記事「「がんばる」を敬語に変換しよう!」 参考リンク「よく変換する敬語一覧【動詞編】」