「知る」「知っている」を敬語に変換しよう!

意外と使い方が難しい「知る」「知っている」を敬語に変換してみましょう。

「知る」を敬語変換すると?

尊敬語:ご存知 謙譲語:存じ上げる が敬語変換の基本です。では、具体例で考えてみましょう。

尊敬語の場合

「こちらの商品をご存知ですか?」 のように使います。「お知りになりたいですか?」と使う時もありますが、基本は「ご存知」を使います。また、「お知り=お尻」のように聞こえる人もいるので極力使うのは避けましょう。

謙譲語の場合

「もちろん、存じ上げております」 のように使います。こちらも「お知りしました」のように言うのはやめましょう! 「お尻」と勘違いされるかもしれません。ご注意を! 「知らない」とセットで覚えてましょう! 次の記事「「知らない」「わからない」を敬語に変換しよう!」 前の記事「「着る」を敬語に変換しよう!」 参考リンク「よく変換する敬語一覧【動詞編】」