「知らない」「わからない」を敬語に変換しよう!

「知る」の否定形である「知らない」「わからない」の敬語を上手く使えない人が多いので、「知らない」「わからない」の敬語変換を紹介します。

「知らない」「わからない」を敬語変換すると?

尊敬語:ご存知ない 謙譲語:存じ上げておりません が敬語変換の基本です。では、具体例で考えてみましょう。

尊敬語の場合

「ご存知ないのですか?」 のように使います。「お知りにならない」は使うのは避けます。

謙譲語の場合

「勉強不足のため、存じ上げておりません」 のように使います。「わかりかねます」もよく使いますが、冷たい印象を与えるので「存じ上げておりません」を使うようにしましょう。 「知る」とセットで覚えてましょう! 次の記事「「死ぬ」を敬語に変換しよう!」 前の記事「「知る」「知っている」を敬語に変換しよう!」 参考リンク「よく変換する敬語一覧【動詞編】」