「教える」を敬語に変換しよう!

目上の人に教えてもらう場合は、目上の人に教える場合の敬語の「教える」使い方を紹介します。早速「教える」を敬語に変換してみましょう。


「教える」を敬語変換すると?

尊敬語:お教えくださる、お教えになる
謙譲語:お教えする

が敬語変換の基本です。では、具体例で考えてみましょう。

尊敬語の場合

目上の人に教えてもらう場合などは、

「先生が私にお教え下さる」
「先生が息子にお教えになる」

のように使います。

謙譲語の場合

目上の人に教える場合は、

「もし、よろしければお教えしましょうか?」

と「お教えする」を使います。ただ、むっとする人もいるので、「もし、よろしければ」などのクッション言葉も利用しましょう!

次の記事

「「帰る」を敬語に変換しよう!」

前の記事

「「集まる」を敬語に変換しよう!」

参考リンク

「よく変換する敬語一覧【動詞編】」

    
コメント