「帰る」を敬語に変換しよう!

目上の人に対して帰ることを質問する場合や、目上の人に帰ることを伝える場合の「帰る」の敬語の変換方法を紹介します。

「帰る」を敬語変換すると?

尊敬語:お帰りになる 謙譲語:帰らせていただく、失礼する、おいとまする が敬語変換の基本です。では、具体例で考えてみましょう。

尊敬語の場合

目上の人が帰る場合や、帰ることを質問する場合、 「先生がお帰りになる」 「お帰りになりますか?」 のように使います。

謙譲語の場合

「お先に帰らせていただきます」 「お先に失礼します」 「おいとまをいたします」 のように使います。ただ「おいとまする」は休暇をとるという意味にもとられるのでなるべく使わないようにしましょう! 次の記事「「書く」を敬語に変換しよう!」 前の記事「「教える」を敬語に変換しよう!」 参考リンク「よく変換する敬語一覧【動詞編】」