「渡す」を敬語に変換しよう!

目上の人が物を渡すときや、目上の人に対して物を渡すときは、どのような敬語を使うべきでしょうか? 「渡す」を敬語に変換してみましょう。

「渡す」を敬語変換すると?

尊敬語:お渡しになる 謙譲語:お渡しする、お渡しいたします が敬語変換の基本です。では、社内運動会のリレーで考えてみましょう。

尊敬語の場合

「部長が課長にバトンをお渡しになる」

謙譲語の場合

「バトンを部長にお渡しする」 「このバトンを部長にお渡しいたします」 「渡す」は変換タイプがないのでシンプルに使えますが、間違えやすい敬語なので注意しましょう! 次の記事「「届く」を敬語に変換しよう!」 前の記事「「断る」を敬語に変換しよう!」 参考リンク「よく変換する敬語一覧【動詞編】」