敬語の歴史

敬語は聖徳太子の冠位十二階により身分ができたことから生まれました。敬語の歴史を知ると、なぜ今のような複雑な形になっているのかが理解できます。雑学としても知っておきたい敬語の歴史を紹介します。

  • 正しい敬語を使うとおかしな言葉になる? 適当に使うのが現代の敬語!

    敬語は、「昔の言葉」です。だから、古文の中には、「尊敬の敬語」とか「謙譲の敬語」とか「丁寧の敬語」という区別があります。現代語では、古文よりも敬語の区別があいまいになっています。あいまいでもかまわないのは、敬語が「昔の言葉」だからです。敬語は、正しく使うと、へ

  • 敬語が複雑になった歴史的理由

    「目上の人には敬語を使え」と言われています。でも、「目上」という言葉には、とんでもない意味がありです。「身分」があった昔には、「偉い人は高い所、偉くない人は低い所」が、あたりまえのように決められていたのです。では、敬語が複雑になった歴史的理由を紹介します。

  • 自分よりランクが上の人に敬語を使う理由を歴史から考える!

    学校では先生、職場では上司に敬語を使うのは当然のマナーです。なぜ、自分よりランクが上の人に敬語を使うのでしょうか? 歴史と一緒に考えてみましょう。 身分のある人、ない人 「江戸時代は徳川幕府の時代で、京都にあった天皇の朝廷とは関係がないはずだ」

  • 聖徳太子の「冠位十二階」から始まった身分制度。敬語が始まった歴史的理由

    「敬語」の多くは、「人のランクづけ」をもとにした、「尊敬の敬語」や「謙譲の敬語」です。今ではそういうランクづけがなくなってしまって、敬語で一番必要なのは、「ランクの差」とは関係ない「丁寧の敬語」になっています。 しかし、「社会が人のランクを決めて、それに

1 / 1 1