敬語で「お」「ご」をつける目安、つけない目安をおさえよう!

敬語で問題になるのは、「お」「ご」を使いすぎてしまうことです。中には笑ってしまうような使い方をしている人もいます。

「トレーニングのお練習は終わりました」
「おゴルフでございますか」

ただ、この「お」をつける目安、つけない目安はかなりわかりづらいです。そこで「お」「ご」をつけるケース、つけないケースをまとめました。


「お」「ご」の基本ルール

一般的に、和語(日本の言葉)には「お」がつき、漢語(中国の言葉)には「ご」がつきます。「お+和語」「御+漢語」が原則となります。それでは、具体例で見てみましょう。

お話(和語)
ご挨拶(漢語)

お考え(和語)
ご意見(漢語)

お名前(和語)
ご氏名(漢語)

お気持ち(和語)
ご気分(漢語)

お招き(和語)
ご招待(漢語)

お勤め(和語)
ご勤務(漢語)

など多くの例があります。

漢語でも「お」がつく例

言葉なので、もちろん例外もあります。次の場合、漢語でも「お」がつきます。

お稽古
お化粧
お通夜
お正月
お写真
お世話
お世辞
お茶碗
お菓子
お電話
お食事
お野菜

など多くの例があります。また、女性は「ご」よりも「お」を使う傾向があります(ご返事→お返事)。「お」のつく漢語は、日常生活の中にとけこんでいる言葉が多くなっています。一方、和語で「ご」のつくものは「ごゆっくり」「ごゆるり」など、数少ない例外があるだけです。では、もっと詳しく「お」と「ご」がつけられるケースとつけられないケースをみていきましょう、

1. 相手のものごとをあらわすもの

言いかえると、「あなたの〜」という意味になるときに用います。

「お荷物はこれだけですか? お運びします」
「おからだの具合はいかがですか」

2. 真に尊敬の意をあらわすもの

「社長のお話にありましたように」
「社長のお考えはいかがですか」

3. 慣用が固定しているもの

おはよう
おやすみなさい
ご苦労さま
おみこし
ごはん
お世話さま
おしんこ
おでん
「お(ご)〜になる」形式のもの

などがあります。このほか、慣用が固定しているものとして、自分のことであるが相手に関係しているものには「お」「ご」をつけます。

「お知らせいたします」
「お答えいたします」
「お願い申しあげます」

慣用的な言い方で接頭語と接尾語の両方が用いられるものもあります。

お兄様
お父様
お母様
お客様

4. 省けば省けるもの

一般的に、女性は「お」をつけるが、男性が使うときは「お」をつけないほうが良い言葉です。食べ物では特に多いです。

お菓子
おだんご
おすし
お魚
お肉
お酒
など

食べ物以外の例もあげます。

お盆
お花
お寺
お見合い
ご旅行
ご乗車
ご家族
ご利用
ご注文
など

「お」をつけないもの

「お」を省くほうがよいもの、慣習的につけにくい言葉があります。

1. 外国語

おパーマ
おピアノ
おハンバーグ
おコーヒー
おサイダー
おナイフ
など

2. 「お」をつける習慣のないことば

野菜には「お」は基本的につけません。

おだいこん
おごぼう
おたまねぎ
おさんま
おふな
おたい
おいわし
おたまご
お腰掛け
お鉛筆
お時計
お電球
お奈良漬
おみりん
など

3. 社会語で「お」をつける習慣のないことば

お会場
お場所
お会社
お新聞
お税金
お通帳
お雑誌
お自動車
お経団連
など

4. 公共の建物や施設に関することば

お学校
お病院
お公園
お電車
お区役所
お県庁
お大学
など

5. すでに敬意をあらわしていることば

ご新郎
ご新婦
ご夫人
ご令息
ご芳名
ご卒業された
など

「おご新郎」っておかしいですよね。それでも、結婚式で間違えがちなのが「ご新郎」「ご新婦」なんです。注意しましょう。

6. 「お」で始まることば

お大家さん
おおばさま
お大勢
お織物
など

7. よい意味でないことば

おふざけ
おまぬけ
おとんま
おあばた
おけつ
お横領
お痴漢
おガキ
お強盗
お下劣
お暗殺
お悪質
おくたばり
など

8. 一音節でつけにくいことば

お歯
お背
お蚊
お絵
お毛
お葉
お手
お子
など

しかし、一音節でも、熟語や句になったり、文になると成り立つものもあります。

「お手をどうぞ」
「お日さま」
「お目が高いですね」
「お子さまにさしあげます」

9. 「あ」で始まることば

お相棒
お朝日
お足跡
おあかぎれ
お朝ご飯
お海女
お雨模様
お荒稼ぎ
お粗削り
お頭
お飴
お愛妻
など

「お相手」「お愛嬌」「お足もと」など「あ」で始まることばもありますが、一般的に「あ」で始まることばには「お」がつけにくくなっています。

10. 病気に関することばでつけにくいことば

おガン
おエイズ
お脳梗塞
お頭痛
お骨折
お便秘
おボケ
お死になる
など

「お風邪」のような例外もあります。

11. 動物や植物、自然現象などでつけにくいことば

お犬
お猫
おライオン
おくじら
おさくら
おばら
おうめ
お杉
お松
お竹
お晴天
お南
お台風、
お温度
など

ただし、「お天気」など「お」をつける例外もあります。

12. 長くてつけにくいことば

お食料品
お一夜漬
おさつまいも
おじゃがいも
など

一般的に、比較的長いことばや熟語化されたことばにはつけにくくなっています。「お」をつけたくなったら、今回紹介したルールを思い出してくださいね!

次の記事

「敬語を使うときは同じレベルの敬語に統一しよう!」

前の記事

「敬語連結」

参考本

「「知らない」では恥をかく 正しい敬語の使い方」

参考リンク

「おコーヒー、おトイレ、おビールは間違った敬語! 外来語と美化語のルール」

    
コメント