「ご離婚なされたのですか?」 聞いたらぽかーんとしてしまう間違った敬語「お」「ご」の使い方

近年増加している離婚。悲しいイベントのため、なんとなく敬語を使ったほうがよさそう。そこで、

「ご離婚なされたのですか? 大丈夫ですか?」

と言ってしまうこともしばしば。でも、これ間違った敬語です。


マイナスな言葉に敬語は使いません

「田中さんは海外でご活躍なさっています」

のように、「お(ご)~なさる」という敬語を使うことで、敬意を表すことができます。しかし、どんなものにも使えるわけではありません。

「A社がご倒産したらしいよ」
「Aさんご離婚なされたんですって」

のように、マイナスのイメージの言葉には、「お」「ご」をつけることはできません。

ふざけ
まぬけ
とんま
あばた
けつ
失敗
横領
痴漢
いじめ

などマイナスの言葉には敬語である「お」「ご」はつけることができないので注意しましょう!

次の記事

「新入社員がおさえておきたい「敬語」マナーの基本」

前の記事

「「下さる」と「頂く」の使い分け。間違えやすい2つの敬語」

参考リンク

「敬語で「お」「ご」をつける目安、つけない目安をおさえよう!」

    
コメント