謙譲語Ⅰ

自分側から相手側又は第三者に向かう行為・ものごとなどについて、その向かう先の人物を立てて述べるのが謙譲語Ⅰです。謙譲語の使い方、尊敬語との違いなどを紹介しています。

  • 尊敬語と謙譲語Ⅰを使う場合の3つの注意点

    尊敬語と謙譲語Ⅰは、ある人物を「立てる」敬語です。敬語の指針では以下のように定義されています。 尊敬語は「相手側又は第三者の行為・ものごと・状態などについて、その人物を立てて述べます」 謙譲語Ⅰは「相手側又は第三者に向かう行為・ものごとなどについて

  • 謙譲語Ⅰの基本と使い方の主なパターン

    謙譲語は基本的に自分をへりくだることによって相手に敬意を表します。この謙譲語、敬語の指針により謙譲語1と謙譲語2に分かれました。自分側から相手側又は第三者に向かう行為・ものごとなどについて、その向かう先の人物を立てて述べるのが謙譲語Ⅰです。それでは、謙譲語Ⅰの

1 / 1 1