謙譲語Ⅱ

謙譲語Ⅱは、自分側の行為・ものごとなどを、話や文章の相手に対して丁重に述べるものです。謙譲語Ⅱの使い方や、謙譲語Ⅰとの違いを紹介します。

  • 「謙譲語Ⅰ」と「謙譲語Ⅱ」との違い

    自分側をへりくだることによって相手側を高めるのが「謙譲語」です。敬語の指針により、謙譲語の「向かう先」か「相手」を高めるかの違いで「謙譲語Ⅰ」と「謙譲語Ⅱ」に分けられました。 「謙譲語Ⅰ」と「謙譲語Ⅱ」の違い 謙譲語Ⅰは向かう先に対する敬語、謙

  • 謙譲語Ⅱ(丁重語)の基本と使い方の主なパターン

    謙譲語は基本的に自分をへりくだることによって相手に敬意を表します。この謙譲語、敬語の指針により謙譲語1と謙譲語2に分かれました。謙譲語Ⅱは、自分側の行為・ものごとなどを、話や文章の相手に対して丁重に述べるものです(謙譲語Ⅰは、自分側から相手側・第三者に向かう行

1 / 1 1