丁寧語・美化語

丁寧語は、話や文章の相手に対して丁寧に述べ、美化語は、ものごとを、美化して述べます。丁寧語・美化語の使い方について紹介します。

  • より丁寧に! 変換型を利用した丁寧語一覧

    丁寧語は、「です、ます」をつけるだけで丁寧な言い方になりますが、「言う→申す」のように変換型がある動詞の場合は、「です、ます」をつけたあとに変換するとさらに丁寧な言い方となります。変換型を利用した丁寧語をまとめました。 変換型を利用した丁寧語一覧

  • 「おコーヒー」「おトイレ」「おビール」は間違った敬語! 外来語は美化語にできません!

    「お茶」「お菓子」は正しい敬語ですが、「おコーヒー」「おトイレ」「おビール」は間違った敬語です。なぜ、「おコーヒー」「おトイレ」「おビール」は正しい敬語ではないのでしょうか? 実は、外来語は美化語にできないのです。 美化語 「お」「ご」をつけて

  • 「美化語」。ものごとを美化して伝える敬語。

    美化語は、ものごとを、美化して述べる敬語です。「酒→お酒」のように「お」「御」などを単語の頭につけます。「お酒・お料理」のように使います。 「お酒」は、「酒」という言い方と比較して、ものごとを、美化して述べています。 「先生は酒を召し上

  • 丁寧語の使い方。「です、ます」型と「形容詞+ございます」型

    丁寧語は、話や文章の相手に対して丁寧に伝える敬語です。多くの人が利用している「です、ます」型の丁寧語と、「です、ます」より、さらに丁寧に言う時に使う「形容詞+ございます」型の丁寧語があります。 1. 丁寧語の基本形「です、ます」 基本的には、「

1 / 1 1