「おコーヒー」「おトイレ」「おビール」は間違った敬語! 外来語は美化語にできません!

「お茶」「お菓子」は正しい敬語ですが、「おコーヒー」「おトイレ」「おビール」は間違った敬語です。なぜ、「おコーヒー」「おトイレ」「おビール」は正しい敬語ではないのでしょうか? 実は、外来語は美化語にできないのです。


美化語

「お」「ご」をつけて言葉を美化する表現「美化語」があります。「お茶」「お菓子」 のように、「お」「ご」を入れることによって、上品で丁重な言い回しになります。しかし、すべての単語に「お」「ご」をつけることはできません。

外来語に「お」はつけません

美化語には様々なルールがあります。その中の一つに外来語に「お」はつけないというルールがあります。そのため、「ビール」「コーヒー」「トイレ」「テーブル」などの外来語は美化することができません。

よく間違えるケース

美化語でよく間違えるケースは、お客様に飲み物を出すときに、

「お茶とおコーヒー、どちらになさいますか?」

です。敬語を統一させたほうがいいと思うのですが、コーヒーは外来語のため「おコーヒー」というのは間違いです! 注意しましょう!

次の記事

「【動詞編】変換型の敬語の言葉まとめ一覧」

前の記事

「ものごとを美化して伝える」

参考リンク

「敬語で「お」「ご」をつける目安、つけない目安をおさえよう!」

    
コメント