「ほうれんそう」を徹底しよう! デキるビジネスマンになるためのビジネスマナー

「ほうれんそう」とは、組織を運営する上でもっとも基本となる、報告、連絡、相談のことです。しかし、この「ほうれんそう」を完璧にこなせるビジネスマンはまだまだ少ないでしょう。日本特有のあうんの呼吸がいまだに存在するからです。今回は、デキるビジネスマンになるためのビジネスマナーである「ほうれんそう」の基本を紹介します。


■報告とは

上司の指示に従って行なった仕事の結果や途中経過、自分の判断で進めた仕事の結果や途中経過を報告することです。

■連絡とは

さまざまな情報の交換や共有することです。

■相談とは

わからないこと、困ったことなどを上司に相談することです。

この3つをきちんと行なうことができる部下、行なわせることができる上司になれば、デキるビジネスマンとして一目置かれることでしょう。そこで、「ほうれんそう」のポイントをまとめました。

■「ほうれんそう」をしやすい関係を築いておく

「ほうれんそう」の中でも特に相談は、心理的な壁があるとしにくいものです。上司は、そのような壁を取り払い、何でも相談できる環境を整えましょう。しかし、環境を整えるだけでは不十分です。報告や相談をどの段階、タイミングでするかをはっきりさせておかないと、「ほうれんそう」はうまく機能しません。

■上司は、報告のタイミングをあらかじめ指示しておく

途中経過の報告は重要ですが、かといって小刻みすぎる報告は、お互いの時間を無駄にしてしまいます。上司は、「次は●●が終わったら報告してください」というように、あらかじめ指示を出しておきましょう。

上司から指示がない時は、部下のほうから、「次はいついつに報告いたします」と了解を求めておくとよいでしょう。ただし、イレギュラーな事態が起こった場合は、そのつど報告しなければいけません。

■上司は部下に対して、相談すべきか、自分で判断すべきかの基準を明示する

細かいことまですべてを相談されても上司は困りますし、部下もいつまでたっても指示待ちのままで成長しません。どこまでなら相談せずに自分で判断して仕事を進めていいのか「権限委譲の範囲」を上司は明確にしてあげましょう(ただし、自分で判断した場合も報告は必要になります)。

■部下は、相談すべきかどうか迷ったら相談する

部下が権限委譲の範囲を越えて勝手に判断を始めたら、組織は成り立ちません。少しでも迷ったら相談しましょう。

簡単そうで難しい「ほうれんそう」。デキるビジネスマンになるために徹底しましょう。

「ビジネスマナーでおすすめの本」の詳細を調べる

    
コメント