ビジネスランチのマナー

取引先との打ち合わせや、情報交換などでビジネスランチをする機会が増えています。ランチマッチングサービスなども誕生し、ビジネスランチの重要性はどんどん高くなっています。そこで、ビジネスランチのマナーを紹介します。


会食の意味

ビジネスランチの前に会食の意味を押さえておきましょう。会食とは、相手との距離を縮め、関係を深めることによって、その後のビジネスをスムーズに進めるためのものです。夜の会食が主流ですが、効率的でよりビジネス色の濃い昼の会食「ビジネスランチ」が増えています。

ビジネスランチのメリット

ビジネスランチには、経費削減という時代の流れの中、リーズナブルな金額で会食ができるという面があります。また、他社との夜の会食を原則しないというきまりのある会社ともビジネスランチならお付き合いできることや、限られた時間の中でアルコールも抜きで内容の濃い話ができることも、ビジネスランチのメリットです。

ビジネスランチのマナー

ビジネスランチも、「お相手が楽しめるようにおもてなしする」という会食の基本は変わりません。次のポイントに注意して、ビジネスランチを成功させましょう。

静かなお店を選ぶ

ガヤガヤとしている店、テーブルや椅子が小さい店、隣との間隔が狭い店では、落ち着いて話ができません。必ずしも個室である必要はありませんが、リラックスして話に集中できる店を選ぶようにしましょう。

ランチのスタートはスマートに

特に初対面の場合は、そこで名刺交換から始まります。これは、ほかのお客様もいらっしゃるので、声の大きさや振る舞いをスマートに行なうことが必要です。名刺交換や簡単な挨拶を先にすませられるよう、ホテルのロビーなどで待ち合わせてもよいでしょう。もちろん、お相手の方をお待たせしないように、先に到着していることは基本マナーです。

ビジネスの話一辺倒にしない

効率的なビジネス・トークだけでなく、親密度を増すことも大切です。半分はリラックスできる話題になるよう、心がけていただきたいと思います。

飲み物は相手に合わせる

たとえばお相手の方がワインを頼んだなら、それに合わせるのがマナーです(少し口をつけるだけでも構いません)。また、食事をとるスピードもお相手のペースに合わせれば、スムーズに進行します。

ビジネスランチ自体は気軽に楽しめるものですが、会食のマナーを守ればさらに印象が良くなるでしょう。ビジネスランチのマナーをおさえましょう。

「接遇の達人ANAのCAが明かす 21世紀型 デキる男のビジネスマナー」の詳細を調べる

    
コメント