仕事場ではタブー?!ビジネスマンが絶対に使ってはいけない5つの言葉

ビジネスマンのみなさま、毎日毎日忙しくて言葉の使い方までは気が回らないなんてこと、ありませんか?何気ない一言がビジネスでは命取りになってしまうこともあるので、気をつけておきたいところ。今回はビジネスシーンでふと出てしまう言葉に注目します。10年後にも笑って仕事をしているために使わないほうがいい「NGワード」を、

「人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉」

から5つ選んで紹介します。


1. 「今からやるところです。」

以前に上司から振られた仕事にまだ手をつけていない。そんな時、上司から「まだか?」と言われた時に出てしまいがちな言葉です。ビジネス界では「まだか?」は「遅すぎる」の意味。この時点ですでにゲームオーバーなのです。

2. 「自分は使われるのに向いていないタイプだ。」

人に使われるのが嫌だから、使う側になろうという人もいるかと思います。しかし、考えてみて下さい。使われる側のサラリーマンの気持ちがわからない人が、使う側になれるのでしょうか。リーダーになりたかったら、とことん人に使われて気持ちを知るのも大切です。

3. 「いつまでもこんなところにいるつもりはない。」

入社したてで威勢のいい20代からよく聞くことがあると思います。常に「こんなところ辞めてやる。」と言っているも要注意。所属する組織を辞められる人はとっくに辞めていて、辞められない人がこういった言葉を言っていたりします。

4. 「もう少し具体的にお願いします」

質問する際に使われがちなフレーズです。しかし、質問する際はもっと上手く質問しましょう。具体的な話を引き出したかったら、具体的な質問をすることが大事です。「具体的」という表現が、極めて「抽象的」で、質問された方もどこの部分を質問されたのか分からず、負担をかけてしまうのです。

5. 「〜らしいよ。」

出所や内容が不確定な情報はお金になりにくいです。お金と役職は「らしい」より「だった」に集まってくきます。「〜だ」と言い切るのは成功者である傾向が強いです。それゆえ、経営者などの成功者の言葉は心に響くのではないでしょうか。
 
些細なことばが時には悲惨な結果をもたらすことがあります。今一度、普段使っている言葉に気を使ってみてはいかがでしょうか。
 

「人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉」の詳細を調べる

    
コメント