ビジネスマンは気をつけたい、ささいな5つのこと

「塵も積もれば山となる」とは言ったもので、一ビジネスマンにとって些細な事ができるかどうかが非常に重要になってきます。成功したいなら、どんなに小さなことでもやり切ることが大切なのです。そこで今回は、ビジネスマンが胸に留めておきたい5つのささいなことをご紹介します。


1. 自分の言葉に注意してみる

言葉というのは、不思議なものです。ネガティブな言葉を使っていくうちにネガティブな心持ちになってしまいます。単にポジティブシンキングをしろというわけではありません。けれども、感情を良い方向に変える言葉を意図して選ぶことで、感情はいい方向へと向かいます。言葉によって信念が得られることもあります。言葉によって力が与えられることもあります。自分が普段使っている言葉を見直してみましょう。言葉を変えてみるだけで気持ちが楽になるかもしれません。

2. 友人関係を見直す

生きていく中でいろいろな人と巡り合うことになります。前向きな人か後ろ向きな人かどちらが良いかと言えば、圧倒的に前者の人と付き合いを重ねたほうが良いのは当然のこと。人は良くも悪くも環境に左右される生き物なので、交友関係を見直してみましょう。ポジティブな人や、有益な人たちと付き合うことで自分の心持ちも変わっていきます。

3. 進んで失敗をしてみる

言い古された言葉ですが、「失敗を恐れない」態度を持てるかどうかは非常に重要です。人の成功率はそれほど高くはありません。成功するためには分母の数を増やすということ、つまり失敗の回数を増やすということです。失敗は成功の過程のものだと考え、恐れずに失敗してみましょう。失敗すればするほど、反省点も見つかり、成功率も高くなるはずです。

4. 問題をチャンスに変える

働く中で問題や挫折に立ち向かうことは何度もあります。けれども、そこで悪い状況に屈せずに、逆に有利に生かすことができれば成長できます。人は逆境から学ぶことで、そこで学び、恩恵を得るのです。そのため、問題に直面したとしても、「ここが自分の成長するところだ」と考え方を変えてみることで乗り越えられることもあります。

5. 行動を起こす

成功するための必要条件として、会社で取り組む業務に対して、徹底的にコミットメントし、実際の行動に起こさなくてはいけません。そして、断られても落ち込まず、絶対にあきらめないという強い意志を持てば、大抵のことはうまくいきます。強い意志を持って、自分にできることをすべてする勢いで今取り組んでいることにコミットしてみましょう。そうすればきっとうまくいくはずです。

ビジネスマンにとって重要なのは気概を持って仕事に取り組むことです。当たり前のことを当たり前にこなすのは難しいですが、頑張ってみましょう。

「できる人とできない人の小さな違い(ジェフ・ケラー)」の詳細を調べる

    
コメント