ビジネススキル

ビジネスマンにはおさえておきたいビジネススキルがあります。コミュニケーション能力、マネジメント能力、マーケティングスキル、企画力、思考力、時間管理、整理術など仕事に役立つビジネススキルをマスターする方法を紹介します。

  • 素直さこそ武器である?

    ビジネスシーンあるいは、生活全般において大切なものはどこにあるでしょうか。ひとつ「素直さ」というものがキーワードになると言えます。誰しも頭では理解していたとしても、なかなかうまくできない。それこそ素直になれないという人が多いでしょう。

  • 刺さる言葉を見つける

    「全米が泣いた」これは、映画の宣伝の常套句であると言えます。しかしながら、本当に全米が泣いているのか、疑問に感じてしまうのも確かでしょう。しかし、このキャッチコピーはもはや伝説、レジェンドの域に達しています。

  • 企画書は手描き一枚が良い

    ビジネスシーンなどにおいて企画書の提出が求められることは多いでしょう。その企画書にはどういう要素が必要なのでしょうか。なによりも大切なのは短い文量の中でいかにわかりやすく伝わる要素を入れることができるかではないでしょうか。

  • 伝わる仕組みとは?

    なかなか自分の思いが伝わらない。仕事において伝達していた事項が、まったく伝わっていなかった、といったことはよくあるでしょう。かなり重要な要素ですが、どうすればいいのかわからないという人が多いのではないでしょうか。

  • 時間内に結果を出すには?

    仕事を振られたけれども、時間がなくて断ろうとした、あるいはきちんと成果が出せなかった時に時間がなかったことを言い訳にしてしまったという経験は誰しもあるのではないでしょうか。

  • 怠け者の時間術とは?

    時間のコントロール、スケジューリングに関する本は多く出ています。時間管理には何が大切かということがきちんと記されています。しかしながら、その内容を細かく見ていくと、その人自身にしか有効ではない処方箋といった印象を受けるものも少なくありません。どのようなものかといえば、この人は本やアドバイスがあってもなくても時間コントロールができるのだろうなと思わせるものです。

  • 三八広告とは何か?

    三八広告と呼ばれるものがあります。読みはサムヤツといいます。これはいったいどのようなタイプの広告なのでしょうか。

  • グダグダ会議を変えるには?

    会議というのはビジネスシーンにおいて重要な要素でしょう。しかしながら、その中において、グダグダになってしまうことも確かです。とりあえず集まってみたはいいのだけれども、場合によってはなかなか議論が前へ進まないといったこともあるでしょう。

  • 時間術を図解で知る

    時間術に関する本は多く出ています。しかしながら、どれも実践可能なものかといえば疑問符がつきます。すぐにでもできるものが欲しい。もっと言ってしまえば、時間術に関する本を読む時間も惜しい、もしくはない、忙しいという人もいるでしょう。そうした人におすすめなのが安田正による『面白いほど役に立つ 図解 超一流の時間力』(日本文芸社)です。

  • わかりやすい表現のコツとは?

    今は誰もが表現することが容易い時代となっています。情報発信なども簡単にできると言えるでしょう。しかしながら、そうした表現があふれている時代であるがゆえに、わかりづらい表現、洗練されていない表現が溢れているのもひとつの現実です。

  • アウトプットの方法とは?

    学びにはインプットとアウトプットがあります。どちらが欠けても成立しません。では、学んだことを発信するアウトプットはどのようにすべきなのか。どういったアウトプットがベストなのか。それを解説した本が樺沢紫苑による『学びを結果に変えるアウトプット大全』(サンクチュアリ出版)です。

  • 人がうごくコンテンツとは?

    コンテンツ作りはビジネスシーンにおいて大切な要素とされています。インターネットのメディアなどは、その枠を作ることは比較的容易にできますが、そこに魅力的なコンテンツを作り上げるのはなかなか難しいといったこともあるでしょう。

  • 一流の気くばり力とは?

    ビジネスシーンにおいて求められるスキルは様々ありますが、その中のひとつとして気くばり力があると言えるでしょう。この気くばりというのは、あまりに恭しくやってしまうと味気ないものになってしまいます。さりげなく気くばりをしてこそ、一流であると言えるでしょう。

  • まわりに良い影響を与えるには?

    ほとんどの仕事は、チームで行われます。それは個人だけの力でなんとかなるものではありません。そのチームワークを作り上げるのに大切なものが「まわりにいい影響を与えるか」どうかではないでしょうか。どうしても自分一人でできることというのは限界があります。それゆえに、まわりとの影響を良い具合に与え、与えられることによって、うまく回っていくということもあるでしょう。

  • やりたいことを全部やる時間術とは?

    やりたいことがあれもこれもとあるけれども、なかなかうまくいかないといったもどかしい思いを抱えている人は多いのではないでしょうか。そこにおいては、本当にやりたいことを整理してひとつひとつ諦めてゆくことを余儀なくされている人もいるかもしれません。

  • 文学的、芸術的はほめ言葉?

    文学的や芸術的といった言葉があります。これはどういった場合に使われるでしょうか。もちろん良い意味に使われることもあるのですが、場合によっては、といってもほとんどの場合は、あまり良い意味で使われないのではないでしょうか。

  • 恥をかかない文章術とは?

    文章術において最も大切なものはなんでしょうか。自分だけのオリジナリティがある表現でしょうか。あるいは込み入ったことを書いていないシンプルな表現なのでしょうか。それは時と場合によって異なってきますよね。いわゆる、その場に応じたベストな文章が求められるというわけです。

  • 伝わるプレゼンとは何か?

    ビジネスシーンばかりではなく、大学の授業などでもプレゼンテーションの場は用意されています。そこで相手に伝わる上手なプレゼンできるかどうかが成功につながる鍵といっても過言ではないでしょう。

  • 小冊子にまとめる術

    営業や、転職・就職活動などにおいて自社や自分の強みをアピールする時にはどういった手段が使われるでしょうか。直接アピールする手段はもちろんのこと、現在はSNSを積極的に活用している人も多いのではないでしょうか。

  • 時間術を図解で把握

    時間術に関する本は様々出ていますが、そのどれもが文字による説明をメインとするものです。しかし、時間というのは、もっと見えないものであり、感覚的に把握するものだと思いませんか。

1 / 26 1 2 3 4 5 最後 »