ビジネススキル

ビジネスマンにはおさえておきたいビジネススキルがあります。コミュニケーション能力、マネジメント能力、マーケティングスキル、企画力、思考力、時間管理、整理術など仕事に役立つビジネススキルをマスターする方法を紹介します。

  • 企画力には思いやりが重要?

    仕事をする上で、必要なものは企画力発想力だといわれます。それらを鍛えるための書籍は多く出ていますが、そもそも企画力に必要なものはなんなのか。そこを根本までさかのぼって考えられる本が小山薫堂編著による『社会を動かす企画術』(中公新書ラクレ)です。

  • ポッキーが半世紀も勝ち続けている理由

    知財で最大限の効果を得るオープン・クローズ戦略。その戦略で半世紀も勝ち抜いているポッキーの秘密に迫ります。

  • 会社員はムダが多い?

    忙しいという言葉を口にしている人は多いでしょう。ですが、その忙しさの内容とはどういうものでしょうか? 本当に忙しいのでしょうか? そんな素朴な疑問を解き明かしたものがホリエモンこと堀江貴文による新書『99%の会社はいらない』(ベスト新書)です。

  • アイデアの「絶対領域」で勝利をつかめ!

    アイデアを守るだけでなく、攻めに転じるための一手があります。それは、いちばん魅力的な部分だけを見せることで、あなたのアイデアの価値が最大限に高まる戦略です。

  • ビジネスにも使えるKJ法とは?

    何か面白いアイデアや、奇抜な発想を形にしたいと思う人は多くします。しかしながら、ほとんどが、どこかで見たようなアイデア、無難なプランに落ち着きがちです。創造的な思考をめぐらせるためには、新しい方法論を用いる必要があります。その一つとしてKJ法があります。

  • 批評をビジネスに応用する

    文章は誰にでも書けるものです。ただ、人に伝わる文章を書くのは難しいといえるでしょう。文章をもとにした誤解は日々生じているといえます。

  • 先延ばしはソンをする?

    迅速な行動は大切だといわれます。しかし、めんどうくささから、つい後回しにしてしまいがちです。

  • 脳の容量は使われていない?

    火事場の馬鹿力、という言葉があります。これは火事など緊急事態には、これまでに出なかったような力を発揮することを指します。火事場の馬鹿力は科学的に解明されつつあり、緊急時に脳のリミッターが外れることで力が出るようです。人間の脳や筋肉は普段は100%使われていないとはよく言われたフレーズです。

  • アイデアは「見せない、出さない、話さない」

    多くの人と共有したくなるあなたのアイデア。でも、お金を儲ける知財となると、話は別です。だれかに盗み取られてビジネスチャンスを失うのは避けたいもの。そうならないために、まずは「口にチャック」です。

  • 自分を高める「いい背伸び」をしてみよう

    本当にすごい人は、わざわざ背伸びをして自分を大きく見せたりはしません。しかし「残念な背伸び」ではなく、自分にとって必要な「いい背伸び」をすれば、まわりの自分を見る目も、きっと変わってくるはずです。

  • 問題解決に二億円VS200万円、どっちを選ぶ?

    お金と時間を使って「特許出願」という手段を選ぶ前に…もう一度見直してみたい本来の目的。目からウロコのわかりやすい教訓をご紹介します。

  • コンプレックスを自分の強みに変えてしまおう

    コンプレックスを持ち続けると、自分を信頼しづらくなり、不安にもなります。薄毛のコンプレックスをネタに変えてしまった芸人や、難読症を逆手にとって人々の信頼を得たブランソン氏は、コンプレックスを自分の強みに変えてしまった素晴らしい例です。 

  • 知財でお金を生むために考えてみるべきこと

    アイデアは形になるまで誰のものでもありません。かといって特許出願やライセンスビジネスで安泰ということでもないのです。知っておきたい知財の活かし方をご紹介します。

  • 自分との約束を守ることから自信が生まれる

    自信はどこから生まれるのでしょうか。それは自分と交わした約束を守ることがポイントです。約束を守ることによって発言と行動の溝を少しずつ埋めることができ、だんだん自分を信頼できるようになります。

  • 「特許をたくさんもっていれば儲かる」はウソ

    世界有数のビッグカンパニー・パナソニックも「特許出願ノルマ」の落とし穴にはまってしまいました。古い日本の常識だけでは、知財を守れない時代になっているのです。

  • 「愛」は相手のため、「不安」は自分のため

    不安の中でも、自己実現のため、つまり理想に向かうにあたって生まれる不安はOKです。でも、自分のがんばりが認められないかもしれない、などの自己防衛のための不安はNGです。相手を思って「叱る」ことは「愛」ですが、自分の感情で「怒る」ことは「不安」が原因なのです。「愛」なのか「不安」なのか、自分によく問いかけてみましょう。

  • 日本のアイデアは、全世界にさらされている

    知財を守るつもりの「特許出願」が、逆にアイデアを盗まれる原因になっていると知っていましたか? ぜひ知っておきたい「特許」の意外な事実をご紹介します。

  • 自分のアピールしたいことを、客観的な数字で表してみよう

    自分がどれだけがんばったのか、具体的な数字で表現してみましょう。そのうえで、これだけは誰にも負けないという、自分だけの得意なことを探して、10段階の10を目指しましょう。いつまでも受け身の姿勢では、永久に認めてもらえないかもしれません。自信をもって、胸を張って「10です」といえる分野を決めて、自分を高めましょう。

  • 伊右衛門 VS コカ・コーラの「秘密」

    お金を生んでくれるアイデア・知財は、あらゆるビジネスの核となる重要機密です。あなたのよく知る有名なあの商品、身の回りにも、それぞれの「戦略」が込められています。

  • 敵意には好意で返してみよう

    相手から嫌味を言われたり、批判されたりすることがありますね。そんなとき、言い返したり無視したりしても、相手の気持ちを抑えることはできません。その多くは嫉妬心や強い関心からきているので、相手の敵意には、好意で返してみましょう。自分の気持ちもぐっと軽くなるはずです。

1 / 19 1 2 3 4 5 最後 »