ビジネススキル

ビジネスマンにはおさえておきたいビジネススキルがあります。コミュニケーション能力、マネジメント能力、マーケティングスキル、企画力、思考力、時間管理、整理術など仕事に役立つビジネススキルをマスターする方法を紹介します。

  • 時間術と勉強効率の関係

    時間を作るのは大変だといわれています。それは確かにそうでしょう。特に就職をして仕事を持ってからとなると、仕事以外の時間を確保するのは非常に困難です。それでもスキルアップや年収アップを目指す場合には勉強が必要となりますよね。

  • ビジネスを集合知に学ぶ

    ビジネスのやり方は百人いれば百通りのスタイルがあるといいます。それは確かにそうでしょう。ただし、その中においてもある程度のセオリーは存在します。ピンチになった時、どういった行動を取るのが一番ベストな選択肢なのか。そういった疑問に答えてくれる本がマイナビ学生の窓口フレッシャーズ監修による『万人に聞く! 仕事・職場の「みんなはどうしてる?」大会議』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

  • ノートで頭脳を整理する

    頭の良し悪しは、持って生まれたものなのでしょうか。頭の良さを図る上で必要なものは、情報をどのように受け取り、整理しているかといった点があげられるでしょう。

  • 伝わる文章を書くには?

    日本語にはあまいな表現が多くあります。それは相手にそれとなく意思を伝える手段でもありますが、イエスかノーかをはっきりとしない姿勢はビジネスシーンにおいて、時にトラブルとなることもあります。それはもとをたどれば、文章でしっかりと案件を伝えていないといったことにもなるのです。

  • 中学地理の知識をとらえなおす

    ビジネスシーンにおいて教養、知識は重要な要素といえます。ふとした時に教養のなさを露呈してしまうことがあっては、場合によっては相手に失礼になってしまうでしょう。この教養は、難しい知識を持っているから良いというわけではありません。実のところ、義務教育の範囲内の知識で十分だということもあるのです。

  • 大人の語彙力とは?

    会話をしている中で語彙力が試されることがあります。無理をして難しい言葉を使うのは、少し中二病的なイメージがありますが、反対に、ふとした時に幼い言葉使いがでてしまうのは問題だといえるでしょう。

  • ドラッカーの時間管理術に学ぶ

    時間術に関する本は多くのものが存在します。自分自身をしっかりと管理するためのものから、あるいはノートなどのツールを用いるものまでさまざまな時間術の本が出ています。その背景にあるものは、それだけ時間術が奥深いものであり、時間をうまく使うことができない人が多いことを表しているでしょう。

  • スピード文章術の心得は?

    仕事において、文章を書く機会は多いといえるでしょう。企画書などはその一例といえるかもしれません。そんな文章を書く作業に時間をかけすぎてはいないでしょうか。あるいはあまりにも時間がなさすぎて、ついほかの文章を使い回してしまうといったこともあるでしょう。しかし、そうした悩みはそもそも文章を素早く書くことができれば解決できるのです。

  • 世界最先端のマーケティングとは?

    ビジネスを展開するにあたって、マーケティングは意識すべきものでしょう。その時、もっとも重要なのは、顧客とどのように繋がるかといったポイントではないでしょうか。

  • 週40時間を作る時間術

    会社員の一週間の労働時間は40時間です。これはあくまで目安であり、残業や往復の通勤時間、準備時間、休憩時間などは含まれていません。さらには、会社員同士の飲み会の付き合いなどもあるでしょう。そうなると、朝起きて会社へ行き、家へ帰ったら眠るだけという人も少なくありません。

  • 原因と結果を意識する

    ビジネスシーンにおいて、プランを立てたのは良いが、なかなか上手くいかず、もどかしい思いをしたことのある人は少なくないでしょう。しかし、あらゆるトピックには原因と結果が存在するものです。

  • 没頭力をきたえよう

    この世界には情報が溢れています。さらにインターネットではあらゆる動画や読み物を無料で見ることができます。なかには違法にアップロードされたものもありますが、オリジナルのコンテンツもあります。名の知られたクリエイターや業者の作品ではなく、素人が作った何気ない作品もいいものです。しかし、これらはただ、だらだらと消費していくだけで過ぎていってしまいます。そこにあるものは虚しさではないでしょうか。

  • 時間を味方につけるには?

    人生を変えてみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。そんなときに立ちはだかる問題は、なにからはじめればいいのかわからない、ということです。とどのつまり、選択肢の多さが無限にあるがゆえに、どこから選べばいいのか、さらにどのように処理してゆけばいいのかわからないといった問題がそこにはあるのです。

  • 逆境こそチャンスである?

    ビジネスシーンにおいて、何度も逆境に遭遇する瞬間があると思います。そこで、さらにアクセルを踏むのか、引いてみるのか、行動の選択が求められることでしょう。しかしながら、長嶋茂雄が「失敗は成功のマザー」と言うように、逆境にこそチャンスが転がっているともいえます。

  • 「まだないもの」を思いつくには?

    アイデアのアウトプットは大事な要素ですが、そこで求められるものは既視感のないものです。つまり、これまで見たことがないような斬新なアイデアが必要だということです。これは単なる思いつきとは異なり、特にビジネスシーンにおけるアイデアは、きちんとユーザーの需要と合致しているかといったところも求められるでしょう。

  • シェアの視点を獲得するには

    いま、インターネットで宣伝をするにあたって、不可欠のキーワードはシェアであるといえるでしょう。どれだけその情報をシェアしてもらい、多くの人に知ってもらえるのか。SNSはどのように情報が広まってゆくのか。そういった視点を用意した本が、天野彬による『シェアしたがる心理:SNSの情報環境を読み解く7つの視点』(宣伝会議)です。

  • アイデアの法則を知る

    ビジネスの場面では、常に新しいプランやアイデアが求められます。そこにおいては単なる思いつきよりも、より具体的なアイデア、実現可能性の高いアイデアが求められるといえるでしょう。

  • 箱根駅伝をビジネスに援用する

    原晋の『逆転のメソッド 箱根駅伝もビジネスも一緒です』(祥伝社新書)は、2015年に初優勝を果たし、その後2018年まで4連覇を続けている青山学院大学陸上競技部の監督です。

  • 社員のやる気を「支援」する

    社員定着率を高めるためのステップとして「理念」「体現」「信頼」について触れてきましたが、最後に、第4のステップ「支援」について触れていきましょう。社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんがいう「支援」とは、「信頼」の話に出てきた社員を指導するといったこととは少し違うようです。

  • 社員に信頼されるリーダーの条件

    社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんが挙げる、社員が辞めない会社作りへのステップ、「理念」「体現」に続いて、3つ目は「信頼」です。社員との信頼関係を築くとはどういうことなのか、小池さんの持論から紐解いていきましょう。

1 / 24 1 2 3 4 5 最後 »