ビジネススキル

ビジネスマンにはおさえておきたいビジネススキルがあります。コミュニケーション能力、マネジメント能力、マーケティングスキル、企画力、思考力、時間管理、整理術など仕事に役立つビジネススキルをマスターする方法を紹介します。

  • 稼げるようになるための4ステップ

    稼げるようになる人と、稼げるようにならない人の違いの1つは、「すぐやるか、先延ばしにするか?」の違いです。行動した人、チャレンジした人は、確実に成長しています。稼げる行動のために大切な4つのステップをご紹介します。

  • 知財コミュニケーション力が日本の未来を救う

    私たちの身の回りにあふれている大切な「知財」。知財コミュニケーション力は、これからのビジネスに欠かせない戦力なのです。

  • 「R25」とはなんだったのか?

    リクルートが提供するサービス「R25」が2017年3月末をもって終了しました。20代後半から、30代始め、社会人となり5年目のころ、そろそろ新人とも言われないような世代へ向けたサービスであり、2004年から2015年にかけては週刊(のちに隔週刊)のフリーペーパーを発行していたことも話題となりました。「R25」とは何だったのかあらためて考えてみましょう。

  • 稼げるようになるための4段階

    もしも、あなたがこれまでいろいろやってきたにもかかわらず、稼げていない現実があるとしたら、やり方が間違っていた可能性が高いといえます。稼げるようになるための4つの段階をセルフチェックしてみましょう。

  • 質問力の重要さ

    「何か質問はありますか」こうした問いかけは契約をする時、あるいは就職などの面接を受ける時に、必ずといっていいほどされるものです。そこで「特にありません」と答えてしまうのが良いのか、あるいは何か良い一言を言うのが良いのか、答えは当然後者になるでしょう。それでも、どうでもいい質問はかえってマイナスの評価を受けかねません。そうして見ると質問力は重要なスキルだとわかるでしょう。

  • Q思考とは何か?

    仕事や勉強をする上で、シンプルな思考は求められる能力です。あれもこれもとゴテゴテと思考をめぐらせていると、堂々めぐりになってしまいます。

  • お買い得な国家資格、いりませんか?

    大切な知財を守り、活かして、お金を生みだしてくれる知財コミュニケーション力。ビジネス界で大注目されている知財コミュニケーターへの道をご紹介します。

  • お金の稼ぎ方は学校では教えてくれない

    どんな職業でも、稼いでいる人はいるのです。だから、「この職業だから稼げない」ということはありません。仕事技術と稼ぎ方は別物です。学校では教えてくれないお金の稼ぎ方を、正しく学んでみませんか?

  • ノーベル賞の裏に、知財コミュニケーション力あり

    私たちの身近にも、そしてノーベル賞という一大栄誉の陰にも!  iPS細胞の特許にまつわる、知られざる知財戦略の感動ドラマをご紹介します。

  • 新聞雑誌から知識を得る方法

    新聞や雑誌は、インターネットに比べれば古いメディアだといわれています。だらだらとこれらのメディアを読み続けるのは、ともすれば「時間のムダ」とも思われがちです。しかし、古いメディアには、それはそれで良さがあります。

  • 日本一になりたいなら安売りするな

    もしも、あなたが「たくさんお金を稼ぎたい」と考えた時、いちばん高い値段で勝負できる人になれますか?「私にはそんな価値はない」と尻込みしてしまうのではないでしょうか。けれども、自分を安売りすることは誰のためにもならないのです。

  • ハードニュースとソフトニュース

    テレビ番組や、新聞、雑誌などのメディアでニュースをチェックする人は多いでしょう。そのニュースもハードニュースと、ソフトニュースとわけられます。

  • コカ・コーラとは真逆の戦略を取った伊右衛門の狙い

    レシピ秘密厳守のコカ・コーラに対して、オープン・クローズ戦略で勝利した伊右衛門。ビジネス成功の裏に隠された頭脳戦をご紹介します。

  • ロングテールのビジネス活用

    ロングテールという言葉があります。インターネットの世界においてはすっかり定着した言葉であるといえるでしょう。

  • あのカタカナ略語の意味は?

    インターネットではさまざまなカタカナ用語、アルファベット略語が飛び交っています。それらの言葉の意味について、検索すれば出てきますが、それでは深く理解することができません。

  • 企画力には思いやりが重要?

    仕事をする上で、必要なものは企画力発想力だといわれます。それらを鍛えるための書籍は多く出ていますが、そもそも企画力に必要なものはなんなのか。そこを根本までさかのぼって考えられる本が小山薫堂編著による『社会を動かす企画術』(中公新書ラクレ)です。

  • ポッキーが半世紀も勝ち続けている理由

    知財で最大限の効果を得るオープン・クローズ戦略。その戦略で半世紀も勝ち抜いているポッキーの秘密に迫ります。

  • 会社員はムダが多い?

    忙しいという言葉を口にしている人は多いでしょう。ですが、その忙しさの内容とはどういうものでしょうか? 本当に忙しいのでしょうか? そんな素朴な疑問を解き明かしたものがホリエモンこと堀江貴文による新書『99%の会社はいらない』(ベスト新書)です。

  • アイデアの「絶対領域」で勝利をつかめ!

    アイデアを守るだけでなく、攻めに転じるための一手があります。それは、いちばん魅力的な部分だけを見せることで、あなたのアイデアの価値が最大限に高まる戦略です。

  • ビジネスにも使えるKJ法とは?

    何か面白いアイデアや、奇抜な発想を形にしたいと思う人は多くします。しかしながら、ほとんどが、どこかで見たようなアイデア、無難なプランに落ち着きがちです。創造的な思考をめぐらせるためには、新しい方法論を用いる必要があります。その一つとしてKJ法があります。

1 / 19 1 2 3 4 5 最後 »