ビジネススキル

  • 朝時間術とは?

    時間というのは有限なものです。流れ続けて、限りがないように見えてしまうこともありますが、実際はそうではありません。その限りある時間を使うにあたって有効とされるものが朝の活動ですね。

  • デザイン思考の先をいくものとは?

    デザインと聞いてどのようなイメージを浮かべるでしょうか。見た目においてスタイリッシュな何かといったものから、誰もが使いやすいように設計されたユニバーサルデザイン、あるいはシンプルなデザインといったものがありますね。しかしながら、日本人のデザイン感というのは、こうした見た目や使いやすさといったものに縛られすぎているところもあるにはあるでしょう。

  • 人を惹き付ける文章力とは?

    あなたは本を出すために必要な「文章力」を持っていますか? 「原稿の正しい書き方が分からない」「人を惹きつける文章が書けない」 「文章が読み手に上手く伝わらない」「自分の文章力に自信がない」 「文章が上手くまとめられない」 このような執筆のお悩みに1つでも共感された方に向けて、 6月28日(金)夜、都内某所で株式会社天才工場が主催する 文章力を鍛える講座が開催されます。

  • 心ゆさぶる文章作用とは?

    ネットの時代になって、かつてより文章を書く機会が多くなっているのは確かなのではないでしょうか。特に、ビジネスの文章といった仕事で使うものとは別の新たな文章を書く機会が多く出ているのではないかと思います。それはSNSなどで発信する日記のようなものと言ってもいいでしょう。

  • 苦手を得意に変える文章術

    文章を書くのは、苦手であるという人は少なくありません。就職活動のエントリーシートなどには書く内容がびっちりと決まっていますが、それだけのスペースを埋める内容がない、といった悩みを抱える人はいるでしょう。さらには頭の中には、それなりにイメージの原形というべきものがあるにもかかわらず、なかなかうまくアウトプットできないといった悩みを持つ人もいますね。

  • マジシャンの心理戦略に学ぶ

    相手の心理をうまく読んでいくことは、ビジネスなどにおいて求められるスキルのひとつとなっています。それさえわかっていればきっと最強になれるのに、なかなうまくいかないもんだなといった嘆きを抱えている人もいるのではないでしょうか。

  • ビジネスマナーと整理術を身につける

    ビジネススキルというものは、多くの分野にわたっています。そこでないがしろにされがちなのがビジネスマナーでしょう。なんとなく感覚的に把握しているという人はいても、それがどのような根拠でビジネスマナーとなっているのかといったことについては、なかなか思いをめぐらせる人というのは少ないのではないでしょうか。

  • ポジ出し社会を作るには

    ダメ出しという言葉があります。欠点や失敗などを指摘するものですね。お笑い芸人などがネタ見せで欠点を指摘されるといったことに使われることが多くありますね。しかしながら、そればかりではなくネット社会ではちょっとした揚げ足取りのようなものにもダメ出しは使われていると言えるでしょう。いわば、現在の日本というのはダメ出し社会であるとも言えます。

  • 中高生からの論文入門とは?

    論理的な文章というのは、なかなかすぐには書けないものです。年齢を重ねたからといって、すぐに書けるというわけでもありません。そこにおいては、どういったものが重要となるのか。その部分をベーシックな部分から解説した本が小笠原喜康、片岡則夫著作による『中高生からの論文入門』 (講談社現代新書)です。中高生向けとは銘打っているものの、内容は大人向けのものとまったく同じものです。それでありますから、論理的な文章を書いてみたいが、まずはどう書けばいいのかわからないという人にとっては、まず手にとっておくべきおすすめする本であると言えますね。

  • 自分の頭で考えるには

    指示待ち人間と呼ばれる人たちがいます。仕事で何かを指示されるまで動けない人たちですね。これは一般企業においてはあまりよくないこととされています。ただ、やはり仕事というのは勉強と違って、目の前にあるはっきりとしたものというよりは不定形なものを扱うわけですから、ある意味では仕方がないとも言えるでしょう。

  • 正しい判断をくだすには?

    人間というのは常に思い込みをしてしまう生き物です。そんなことはないと言っても、固定観念にとらわれてしまっている人は多いでしょう。人はみな時と場合によって真実を見誤ってしまうことがあります。そのような愚かな間違いを犯さないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。

  • 最強の人脈術とは?

    ビジネスをこなしていくうえで役立つのが人脈です。この人脈というのは一朝一夕に築けるものではありません。さらに人脈はお互いの信頼関係によって成り立っているものでもありますから、お金で買えるというものでもありません。

  • キャッチコピーの極意とは?

    キャッチコピーが求められる場所は多いでしょう。それはビジネスシーンにおいてもそうですし、プライベートでも書類を書くことはあるでしょう。キャッチコピーは、短いフレーズでしっかりと、そのすべてを言い表す技術であると言えます。身につけておいて損はない技術でしょう。

  • アイデアを使う手段を知る

    アイデアというのは常に湧いてくるものではありません。さらにせっかく良いアイデアを思いついたとしても、それをどういったタイミングで使うかによって、その良し悪しが大きく分かれてくることはあるでしょう。アイデアというのはしかるべき時に思いつき、さらにしかるべき時に使えるようにしなければいけません。

  • 一般的PCスキルのレベルは?

    事務職などの応募案件において、一般的なPCスキルといったものが条件に課されていることがあります。一般的といってもどのくらいなのか、というのは気になるところでしょう。例えば英語の試験ならばTOEICのように具体的なスコアで示されているものがあります。もちろんパソコンに関しても検定の類はありますが、はっきりと数値化されていることはありません。

  • シンプルな3分間マネジメント術とは

    本書は部下のコントールに関する本です。部下をどのように動かしてゆけばいいのか、指導してゆけばいいのか。そこにおいて役立つものとして短い時間でケアをしてゆくための方法について記されています。伊藤守による『ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

  • キーワードのネタ帳

    企画というのは常に新しいことを考えるように求められます。しかしながら、そこにおいては単なる思いつきというわけにはいきません。やはり会社員としては、それを実現に向けて自分がまず動くということも求められると言えるでしょう。そこにおいては、企画力というのは、総合的な力が求められますね。

  • 電話対応スキルを身につける

    ビジネススキルにおいて、あらゆる場面で求められるものが電話力ですね。いまやメールの時代とはいえ、直接、声が聞こえるコミュニケーションとしての電話は大切なものです。

  • 田中角栄に学ぶ時間術

    時間術に関する本は多く出版されています。そのどれもが、具体的なメソッドを提示するものです。しかしながら、そうした時間術に関する本に関して拭えない印象としてあるのが、堅苦しさでしょう。マニュアルといったものがあるがゆえに、堅苦しさが抜けないのかもしれません。

  • ミドルリーダーのための時間術とは?

    時間術に関する本はさまざまなものが出ています。そのどれもが自分のための時間をどう使うかといったことに主題が置かれています。確かにそれは、多くの人にとって重要なテーマです。しかしながら、ある程度年齢を重ねてくるともうひとつの時間術というものも重要になってくるのは確かでしょう。それが中間管理職などによる他人のための時間術、部下のための時間術です。

1 / 28 1 2 3 4 5 最後 »