ビジネススキル

ビジネスマンにはおさえておきたいビジネススキルがあります。コミュニケーション能力、マネジメント能力、マーケティングスキル、企画力、思考力、時間管理、整理術など仕事に役立つビジネススキルをマスターする方法を紹介します。

  • コンテンツ業界のからくりは?

    ネット関係の仕事の中でも、コンテンツにまつわる仕事を志望する人は多いでしょう。しかし、コンテンツ業界ほど、日々移り変わりが激しい世界はありません。そんな業界の最新動向を知ることができる本が、中野明による『図解入門業界研究 最新コンテンツ業界の動向とカラクリがよくわかる本[第3版]』(秀和システム)です。

  • 「コロンブスの卵」とはなにか?

    ものの例えで、コロンブスの卵というものがあります。これは何を意味する言葉なのでしょうか。

  • 21世紀の生き方とは?

    ビジネスをする上で、未来志向は大事でしょう。これからの社会をどう生きてゆくのかという問いです。

  • 考えるとは何なのか

    仕事をしていると「よく考えろ」と指摘されることがあります。「考えていない」という批判もあるでしょう。しかし、そもそも「考える」とはどのようなことなのでしょうか。ぱっとアイデアがひらめくこともあれば、時間をかけても考えがまとまらないこともあります。そのような考えをめぐって、堂々巡りを繰り返している人にとっておすすめなのが細谷功による『考える練習帳』(ダイヤモンド社)です。

  • ビジネスにおける1on1とは?

    ビジネスシーンにおいて注目されている社内コミュニケーションの方法があります。それが1on1です。つまりは1対1でコミュニケーションを行うということになります。

  • コミュニケーションデザインとは?

    マーケティングの世界では、さまざまな新しい概念が登場してきます。その中でついに知られるようになったものとしてコミュニケーションデザインがあるでしょう。なんとなく、言葉のイメージとしては理解できるのですが、実際のところはどのようなものかなかなかわかりにくい。それがコミュニケーションデザインの実際のところといえるかもしれません。

  • ひらめきを起こすには?

    あらゆる場面において、ひらめきは重要だといわれています。これまでと同じようなことやものをだらだらと続けるよりも確実なひらめきひとつで人生が劇的に変わることもあるでしょう。

  • アルゴリズム思考術に学ぶ

    思考術の本はさまざまなものが出ていますが、すぐにでも応用できるものが少ないのが実際のところです。それは精神論に比重を置いて書かれていたり、あるいは高度な内容であるとかそういったものです。

  • 買わせる文章とは何か?

    文章の極意とは何でしょうか。誠実さが伝わる文章でしょうか、あるいはきちっと内容が伝わる文章でしょうか。それぞれの求められる状況によって、求められる文章の内容が異なるのはよく知られているでしょう。そのなかで、ビジネスにおける文章で大切なもののひとつとして「買わせる」文章があります。ほとんどの仕事は商業的な営為と結びついていますから「買わせる」文章、注目を浴びる文章は必須といえます。そうした文章を専門に書くコピーライターという職業もあるほどです。

  • 執事のノート術に学ぶ

    現在はパソコンやスマートフォンといったデジタルガジェットが普及するにともない、紙やペンを持たないという人も少なくありません。ペーパーレス社会が実現しつつあるといえるでしょう。しかし、重要なことをとっさにメモするにあたって、スマートフォンを取り出しているヒマもないという場合に、ノートは重要です。

  • 自分を貫くのはアリ?

    ビジネスやプライベートにおいて、人にあわせて妥協をするのか、あるいは自分をつらぬくのかはひとつの選択肢としてあります。どちらにもメリットがあり、一方でデメリットもあるといえるでしょう。

  • 言葉は売上を伸ばす

    コピーライティングは、コピーライターという専門職がいるように、重要な要素です。言葉ひとつとっても、商品の売上に影響がするといったこともあるでしょう。さらに現在ではインターネットの分野においても、コピーライティングの重要さが指摘されています。

  • 議論を明確にするには?

    ビジネスの場などにおいて会議をしていて、いつの間にか展開がグダグダになってしまうといったことはよくあるでしょう。それは、何を議論しているのか、その主軸を見失ってしまったがゆえに起こる現象だといえます。

  • ロジカルファシリテーションとは?

    ロジカルファシリテーションという言葉があります。ぼんやりと名前は聞いたことはあっても、実際の意味はいまいちとらえられていない人が多いのではないでしょうか。ロジカルは理論を意味する言葉であり、ファシリテーションでは会議などの場で発言をうながしたり、話の流れを整理する行為をいいます。いわば、会議などが建設的にまわっていくように仕向けるのがロジカルファシリテーションであるといえるでしょう。

  • シュリンクフレーションとは何か?

    飲み物を買う時に、パッケージがリニューアルして、これまでと値段は変わらないのに内容量が減るといった経験は誰しもあると思います。なんとなく損をした気分になったことのある人もいるでしょう。

  • コンテンツマーケティングの最適な入門書

    コンテンツマーケティングは、ネットビジネスの分野でも、以前から注目されているものです。しかし、門外漢の人にとっては、どこから手をつければよいのかわからないというのも確かでしょう。そうした悩みを抱えている人におすすめなのが、山中もとお著『はじめてのコンテンツマーケティング』(幻冬舎)です。

  • 思考を「図」で考えてみる

    ビジネスや、あるいは勉強において思考を展開することは重要です。しかし、目先のことにとらわれてしまい、考えが上手くまとまらないという場合も多いでしょう。特に会議などでは、議論が堂々巡りしてしまうということも珍しくありません。そうした時に有効なものが図式化です。

  • 誤解なく文章を伝えるには?

    文章というのは、簡単なようでいて意外に難しいものです。特に日本語はあいまいな表現が多くあるため、ビジネスなどにおいてはトラブルが起こることもしばしばです。さらに、約束をしていないことを勘違いされてしまうといったこともあるでしょう。文章は誤解のリスクに満ちているといえます。

  • トップアスリート池田信太郎が語る“一生付き合えるお客様を獲得する方法”とは?

    アスリートと営業。職種の違いを越えて通じ合うものがたくさんあります。厳しい評価にさらされ、現実と向き合い、結果を出す……。 中でも日本バドミントン界初の“プロ”プレーヤー池田信太郎氏は、自分自身で高額スポンサー企業を獲得し、現役を引退した今も支援され続ける異才。これは、まさに究極の「営業力」です。 その秘訣を経営者やリーダー層と共有する対談イベントが決定しました。

  • 東大が教える考える力

    宮澤正憲による『東大教養学部「考える力」の教室』(SBクリエイティブ)は、東京大学の教養学部で人気の授業「ブランドデザインスタジオ」を書籍化したものです。この授業のねらいは、教科書に書かれているような過去の出来事や知識を学ぶだけでなく、それらをもとに新しい発想をするためのヒントを獲得することです。

1 / 22 1 2 3 4 5 最後 »