知財コミュニケーション力が日本の未来を救う

私たちの身の回りにあふれている大切な「知財」。知財コミュニケーション力は、これからのビジネスに欠かせない戦力なのです。


財産を盗まれないための知識

知財に関する話は決して他人事ではありません。仕事や環境が知財とは無縁なものであっても(知財と無縁な仕事も環境もない、と私は思っていますが)、知財を当事者のように考え、監視していかなければなりません。
日本の未来を明るいものに変える。そして、これまでいいように日本のアイデア(技術)をパクってきた者たちに逆襲するための第一歩が『知財コミュニケーション力』だと、私は思っています。

利益のための情報交換

広い意味の『知財コミュニケーション』は「お互いの興味や利益のためにする、知財に関する情報交換」です。
各々の現場に1人でも知財コミュニケーション力をもつ者がいれば、大事なアイデア、ノウハウをみすみす流出させてしまうような事態に陥ることなく、作業の効率化が図れるでしょう。
すべては、知財コミュニケーション力にかかっているのです。

オリンピックも地区大会から

アスリートになぞらえてみましょう。夢はオリンピック出場にあっても、最初から強化選手の仲間入りはできません。まず、市内大会で優勝し、県大会に出ることを目指します。
県大会に出ると、いつもの練習試合などでは出会えないチームや選手に出会って、さらにモチベーションが上がります。
大会で勝ち残れば関東大会のような地区大会へ、そして国体を目指します。国体に出場し、活躍できれば、強化選手への道が見えてきます。オリンピック出場という夢がグッと近づいてくるわけです。

わくわくする知財の世界へ

知財コミュニケーション力だって、このように段階を踏んでレベルアップして行けばいいのです。
今、この瞬間から、あなたを取り巻く「知財」を意識してみてください。
知財を意識するだけで、あなたの中で眠っていた「知財センサー」がオンになり、あなたを取り巻く知財情報が目に、耳に入ってくるようになります。そこには、きっとこれまでとは違う世界が広がってくることでしょう。

【まとめ】

・日本の産業を揺るがしてきた脇の甘さが、知財コミュニケーション力不足。
・アイデア、ノウハウをみすみす流出せずに、作業の効率化が図れる。
・これからのビジネスに欠かせない人材・知財コミュニケーター。あなたも目指してみませんか!

★ 参考図書『レシピ公開「伊右衛門」と絶対秘密「コカ・コーラ」、どっちが賢い?』
著者:新井信昭(あらい・のぶあき)

    
コメント