ビジネスコミュニケーション能力

ビジネスコミュニケーション能力は大切なビジネススキルです。スピーチ、プレゼンテーション、交渉、人脈の広げ方、会議などビジネスコミュニケーション能力を高めるのに役立つ情報を紹介します。

  • 素直さこそ武器である?

    ビジネスシーンあるいは、生活全般において大切なものはどこにあるでしょうか。ひとつ「素直さ」というものがキーワードになると言えます。誰しも頭では理解していたとしても、なかなかうまくできない。それこそ素直になれないという人が多いでしょう。

  • グダグダ会議を変えるには?

    会議というのはビジネスシーンにおいて重要な要素でしょう。しかしながら、その中において、グダグダになってしまうことも確かです。とりあえず集まってみたはいいのだけれども、場合によってはなかなか議論が前へ進まないといったこともあるでしょう。

  • まわりに良い影響を与えるには?

    ほとんどの仕事は、チームで行われます。それは個人だけの力でなんとかなるものではありません。そのチームワークを作り上げるのに大切なものが「まわりにいい影響を与えるか」どうかではないでしょうか。どうしても自分一人でできることというのは限界があります。それゆえに、まわりとの影響を良い具合に与え、与えられることによって、うまく回っていくということもあるでしょう。

  • 質問型営業とはなにか?

    営業というのは、様々な方法があります。それでもある程度のセオリーにのっとった営業をすることがベターであることには違いありません。そうした中で先例となる営業方式に学ぶというのもひとつの方法ではあるでしょう。

  • 放送作家に雑談力を学ぶ

    雑談力というのはないがしろにされがちですが、実はとても重要なスキルです。相手との微妙な間をもたせながら、なおかつ退屈をさせないといった能力はなかなか身につけられるものではありません。

  • 営業術の基礎を学ぶ

    営業はビジネスにおいて基本中の基本でしょう。ほとんどの会社員は営業職を経験しますし、営業の素養がある人間は好意的に受け止められる会社が多いです。会社員でなくフリーランスで活動するにあたってはさらに営業力が必要になります。自分の実力があればいつか評価されるのだ、という漫然とした考えは、少し思い上がりであると言えるでしょう。

  • 性格別、接客交渉アップ法とは

    当たり前ですが、店員には気が弱い人もいれば、強い人もいます。お客がもたらす無理難題は、そんな性格に関わらず降りかかってきます。強気の店員が弱気の店員より対処力に長けているかと言うと必ずしもそうではないと「ワンランク上の『接客交渉術』」の著者・宮田寿志さんは指摘しています。どちらにせよ、接客のための交渉力は必要不可欠であり、さらに宮田さんが繰り返す「演技の徹底」が求められるとも言っています。

  • お客を怒らせるNGワード(その2)

    お客に腰を低くして応対するのは接客業の基本中の基本。とは言え、店員も人間ですから、疲れていたり、お客の態度によっては、その基本を忘れてしまったり、常に意識できているとは限りません。でも、こういうときこそ、不意に出る言葉でお客を激怒させてしまう恐れが高くなるものです。特に気をつけないといけないのが、お客を小バカにしてしまう言い方です。

  • お客を怒らせるNGワード(その1)

    「申し訳ございません」がお客を怒らせる最悪のNGワードだと再三にわたり強調する「ワンランク上の『接客交渉術』」の著者・宮田寿志さん。注意しなければならないNGワードは他にもいくつかあると言っています。ここではその一部に焦点を当て、整理して問題点を掘り下げます。

  • お客の共感を得る方法

    むずかしいお客への対応には「共感」する方法が効果的だと、「ワンランク上の『接客交渉術』」の著者・宮田寿志さんは述べていました。怒りの収まらないお客でも、こちらが理解しようとする姿勢を見せることで、多少なりとも気持ちが和らぐというわけですね。そんな「共感」の姿勢をより効果的に発揮させるには、その時のお客の気持ちや状況を想像する必要があるといいます。名付けて「ヨネ」「ショウ」の術。これは一体どういうことでしょうか?

  • 接客トラブル回避のコツとは

    コンビニエンスストアで買い物をするとき、何の気なしにレジの前で待っていると「申し訳ありません。あちらの列にお並びいただけますか」と注意された経験はありませんか。最近は割と常識化していますが、慣れない外国人などが同じ目にあってるのをいまだに見かけます。そんなとき思わずこう言いたくなりませんか?「先に言ってよ」「わかるように表示しておけよ」と。こうしたトラブルの回避法を、「ワンランク上の『接客交渉術』」の著者・宮田寿志さんが伝授します。

  • 「お客様は神様」は正しいか

    演歌歌手の三波春夫さんがかつて口にして広がった「お客様は神様です」という言葉。芸能の世界に限らず、接客業の世界でも頻繁に耳にします。「お客様は神様だから、どんな無理難題でも対応しなければならない」といった意味合いで使われますが、「ワンランク上の『接客交渉術』」の著者・宮田寿志さんは、その考え方自体が現場の店員たちを苦しめていると言っています。

  • “絶句言葉”の解決法

    「なんて答えたらいいの?」と、店員が思わず返答に詰まってしまうお客からの言葉。想定外と言うべきそれらのクレームを、「ワンランク上の『接客交渉術』」の著者・宮田寿志さんは“絶句言葉”と表現します。「どうしてできないの?」「前はやってくれたのに」など言葉は様々ですが、宮田さんは全て「言い分」「質問」「要望」の3つに分類できると指摘します。これを見極められれば、対処法が自ずと見えてくるというわけです。

  • お客に頭を下げる本当の理由

    むずかしいお客に対応する時は、懇願と交渉が必要だと、「ワンランク上の『接客交渉術』」の著者・宮田寿志さんは強調しています。でも、「なぜそこまでお客にへりくだらなきゃならない?」と感じる方も多いはず。先に触れた通り、宮田さん自身も接客業の世界に入ったばかりの頃は同じ思いでした。しかし、それを押し通すのは接客業としてNGだということも、身をもって知ったと語っています。なぜだめなのか、それを宮田さんは「自分が損しないため」だと言っています。

  • 「正しい主張」は正解ではない

    正しいことを主張することが、必ずしも正解ではないことはよくあります。お店のルールを守らないお客に、頭ごなしに「それはだめです」とぶつけてしまうと、お客はまず怒るでしょう。怒りを口にしなくても、その店に悪い印象を抱くのは必定。「もう二度と来ない」と思われては、店にとって損失です。「ワンランク上の『接客交渉術』」の著者・宮田寿志さんも、若い頃にそんな失敗を経験した一人。そんな宮田さんの失敗談を例に、失敗しない対処術を探ってみましょう。

  • 接客に「申し訳ありません」は禁句?

    何かの事情でお客を怒らせてしまったとき、すかさず「申し訳ございません」と切り出すこと、多いですよね。とにかく謝罪の言葉を口にしながら頭を深々と下げる光景はよく見かけます。でも、「申し訳ございません」の言葉だけで「わかりました」と素直に引き下がる人は、あまりいないのではないでしょうか。「ワンランク上の『接客交渉術』」の著者・宮田寿志さんは本の冒頭で、「申し訳ございません」以外の言葉を使って、きちんと対応する必要があると述べています。

  • 古いコミュニケーション戦略をみなおす

    手書きで書類やメモを作ることは、少なくなってきていると言えるでしょう。現在ではほぼすべてのコミュニケーションがパソコンやスマートフォンなどの電子媒体を通して行われています。しかし、一方で、このような時代であるからこそ手書きの価値を見直すべきではないか。そういった動きがあることも確かです。

  • 中学地理の知識をとらえなおす

    ビジネスシーンにおいて教養、知識は重要な要素といえます。ふとした時に教養のなさを露呈してしまうことがあっては、場合によっては相手に失礼になってしまうでしょう。この教養は、難しい知識を持っているから良いというわけではありません。実のところ、義務教育の範囲内の知識で十分だということもあるのです。

  • 大人の語彙力とは?

    会話をしている中で語彙力が試されることがあります。無理をして難しい言葉を使うのは、少し中二病的なイメージがありますが、反対に、ふとした時に幼い言葉使いがでてしまうのは問題だといえるでしょう。

  • 雑談力をきたえる

    決して数値として表されるものではないし、専門的な資格があるわけではないけれども、その人にとって大きな武器となる能力はいくつかあります。そのひとつが雑談力でしょう。ビジネスなどにおいて、初めて会った相手に対し、雑談を交わせる能力というのはとても大きな力です。

1 / 7 1 2 3 4 5 最後 »