ビジネスコミュニケーション能力

ビジネスコミュニケーション能力は大切なビジネススキルです。スピーチ、プレゼンテーション、交渉、人脈の広げ方、会議などビジネスコミュニケーション能力を高めるのに役立つ情報を紹介します。

  • 質問力の重要さ

    「何か質問はありますか」こうした問いかけは契約をする時、あるいは就職などの面接を受ける時に、必ずといっていいほどされるものです。そこで「特にありません」と答えてしまうのが良いのか、あるいは何か良い一言を言うのが良いのか、答えは当然後者になるでしょう。それでも、どうでもいい質問はかえってマイナスの評価を受けかねません。そうして見ると質問力は重要なスキルだとわかるでしょう。

  • 先延ばしはソンをする?

    迅速な行動は大切だといわれます。しかし、めんどうくささから、つい後回しにしてしまいがちです。

  • 脳の容量は使われていない?

    火事場の馬鹿力、という言葉があります。これは火事など緊急事態には、これまでに出なかったような力を発揮することを指します。火事場の馬鹿力は科学的に解明されつつあり、緊急時に脳のリミッターが外れることで力が出るようです。人間の脳や筋肉は普段は100%使われていないとはよく言われたフレーズです。

  • 自分を高める「いい背伸び」をしてみよう

    本当にすごい人は、わざわざ背伸びをして自分を大きく見せたりはしません。しかし「残念な背伸び」ではなく、自分にとって必要な「いい背伸び」をすれば、まわりの自分を見る目も、きっと変わってくるはずです。

  • コンプレックスを自分の強みに変えてしまおう

    コンプレックスを持ち続けると、自分を信頼しづらくなり、不安にもなります。薄毛のコンプレックスをネタに変えてしまった芸人や、難読症を逆手にとって人々の信頼を得たブランソン氏は、コンプレックスを自分の強みに変えてしまった素晴らしい例です。 

  • 自分との約束を守ることから自信が生まれる

    自信はどこから生まれるのでしょうか。それは自分と交わした約束を守ることがポイントです。約束を守ることによって発言と行動の溝を少しずつ埋めることができ、だんだん自分を信頼できるようになります。

  • 「愛」は相手のため、「不安」は自分のため

    不安の中でも、自己実現のため、つまり理想に向かうにあたって生まれる不安はOKです。でも、自分のがんばりが認められないかもしれない、などの自己防衛のための不安はNGです。相手を思って「叱る」ことは「愛」ですが、自分の感情で「怒る」ことは「不安」が原因なのです。「愛」なのか「不安」なのか、自分によく問いかけてみましょう。

  • 自分のアピールしたいことを、客観的な数字で表してみよう

    自分がどれだけがんばったのか、具体的な数字で表現してみましょう。そのうえで、これだけは誰にも負けないという、自分だけの得意なことを探して、10段階の10を目指しましょう。いつまでも受け身の姿勢では、永久に認めてもらえないかもしれません。自信をもって、胸を張って「10です」といえる分野を決めて、自分を高めましょう。

  • 敵意には好意で返してみよう

    相手から嫌味を言われたり、批判されたりすることがありますね。そんなとき、言い返したり無視したりしても、相手の気持ちを抑えることはできません。その多くは嫉妬心や強い関心からきているので、相手の敵意には、好意で返してみましょう。自分の気持ちもぐっと軽くなるはずです。

  • 相手の意見によく耳を傾け、共感するところからはじめよう

    自分の意見をアピールしたい場合、いきなりガンガンと自分の言いたいことを言うのではなく、まず相手の意見をしっかり聞き、それに共感するところから始めます。すると、相手は「自分の意見を聞いてくれるんだな」という気持ちになり、こんどはあなたの意見もよく聞いてくれるはずです。

  • 他人が原因で問題が発生したら、「もの」のせいにしてみよう

    誰かのミスによってよくないことが起きたとき、その人に責任を押し付けると、その人を傷つけたり関係を悪くしたりしてしまいます。そんなときは差し障りのないものに「やつあたり」をすると、フラットな状態にもどせるのです。

  • 自分で自分をほめれば「がんばり」が続く

    自分で自分を肯定することは、「がんばり」のモチベーションを高め、維持するのに重要なことです。毎朝、「今日がんばること」を決めて、それが実行できたら、簡単なごほうびを自分にあげるのです。そして「いいね!」「できたね!」と言ってみましょう。

  • 相手のがんばりを認めることが自分のアピールにつながる

    自分のことをアピールしたい、がんばりをわかってもらいたい、と思うときは、まず自分のことより、相手のがんばりを認めるのが効果的です。すると、相手もあなたのがんばりに気づいて、あなたを気遣ってくれるようになるものです。

  • アピールは、はっきり口に出さずに、それとなく伝えよう

    自分ががんばっていることを相手に伝えたいときは、ストレートな言葉よりも、自然にがんばっていることがわかるような状況をつくるほうが、より強くアピールできるのです。言葉で補おうとするのは、自分に自信がないからです

  • 「アピール=やみくもに主張すること」ではない

    上司にアピールするとき、あなたはどのようにしますか。自分がどんなにがんばったのかを、一生懸命に一方的に話すことがアピールだと思っていませんか。でも、これは大きな誤りなのです。

  • 私って、実はみんなに理解されてないの?

    自分では一生懸命がんばっているつもりでも、他の人には意外と理解されていないものです。人はびっくりするほど他人に関心がないのです。それは、髪型を変えたことにみんなが気づいてくれなかったり、芸能人のスキャンダルがすぐに忘れられたりすることからもわかりますね。

  • ほとんどの営業マンは勘違いしている! 正しい4つの営業プロセス

    法人営業は「営業戦略」と「現場の営業」によって成り立っています。 現場の営業マンが売上を上げようと考えても営業戦略に関わることはできません。戦略は営業マネジャーが判断するものだからです。 営業マンが売上を伸ばすためにできる一番効果的なものは「現場の営業

  • 不機嫌ぞろいの月曜を明るくするマンデー・モーニング・メール

    休み明けの月曜の朝は、誰でも憂鬱なもの。月曜日の自殺がもっとも多いという統計データもあるくらい気分がブルーになるのが月曜日。会社では、あからさまに不機嫌オーラを発している人も珍しくありません。 そんな月曜日に限って週のはじめということもあり、朝からメール

  • しゃべるのが下手でもコミュ力が高く見える3つの技術

    世の中にはコミュニケーション能力を磨くための本がたくさん出版されています。その多くは、「どのようにしたら上手に話せるようになるか」について書かれたものです。しかし「話す」「しゃべる」ことがコミュニケーション能力の全てではありません。コミュニケーション能力の高さ

  • 「もう一度会いたい」 忘れられない人になる仕掛けとは

    人とのコミュニケーションにおいて、気遣うポイントはたくさんありますが、ベストなのは相手に「また会いたい」と思ってもらえることです。忘れられない人になる条件とは一体何なのか。上田比呂志著『ディズニーと三越で学んできた日本人にしかできない「気づかい」の習慣』からご

1 / 5 1 2 3 4 5 最後 »