ビジネスコミュニケーション能力

ビジネスコミュニケーション能力は大切なビジネススキルです。スピーチ、プレゼンテーション、交渉、人脈の広げ方、会議などビジネスコミュニケーション能力を高めるのに役立つ情報を紹介します。

  • 私って、実はみんなに理解されてないの?

    自分では一生懸命がんばっているつもりでも、他の人には意外と理解されていないものです。人はびっくりするほど他人に関心がないのです。それは、髪型を変えたことにみんなが気づいてくれなかったり、芸能人のスキャンダルがすぐに忘れられたりすることからもわかりますね。

  • ほとんどの営業マンは勘違いしている! 正しい4つの営業プロセス

    法人営業は「営業戦略」と「現場の営業」によって成り立っています。 現場の営業マンが売上を上げようと考えても営業戦略に関わることはできません。戦略は営業マネジャーが判断するものだからです。 営業マンが売上を伸ばすためにできる一番効果的なものは「現場の営業

  • 不機嫌ぞろいの月曜を明るくするマンデー・モーニング・メール

    休み明けの月曜の朝は、誰でも憂鬱なもの。月曜日の自殺がもっとも多いという統計データもあるくらい気分がブルーになるのが月曜日。会社では、あからさまに不機嫌オーラを発している人も珍しくありません。 そんな月曜日に限って週のはじめということもあり、朝からメール

  • しゃべるのが下手でもコミュ力が高く見える3つの技術

    世の中にはコミュニケーション能力を磨くための本がたくさん出版されています。その多くは、「どのようにしたら上手に話せるようになるか」について書かれたものです。しかし「話す」「しゃべる」ことがコミュニケーション能力の全てではありません。コミュニケーション能力の高さ

  • 「もう一度会いたい」 忘れられない人になる仕掛けとは

    人とのコミュニケーションにおいて、気遣うポイントはたくさんありますが、ベストなのは相手に「また会いたい」と思ってもらえることです。忘れられない人になる条件とは一体何なのか。上田比呂志著『ディズニーと三越で学んできた日本人にしかできない「気づかい」の習慣』からご

  • ディズニーも真似できなかった、日本人にしかできない「放っておく気づかい」

    相手を思いやり、気持ちをくみ取り、さりげない行動で示す「気づかい」。東京オリンピックのプレゼンで「おもてなし」の精神が話題を呼びましたが、「気づかい」というのは日本人が得意とする分野です。 「気づかい」というと、相手が何か言う前に相手の欲しいものを差し出

  • 商品が高くても形が無くても結果を出す営業マンの極意

    数ある商品の中から自社の商品・サービスを買っていただく営業のお仕事。ノルマに追われ、日々苦労している営業マンは多いでしょう。 そこで、今回は20代で外資系証券会社で1200人中1位という営業成績をあげ、独立系FP会社を立ち上げたエリート営業マン・中桐啓貴

  • 最強の営業方法「コーチング営業」で利益率756倍の差が出る理由

    「全然ものが売れない」 「しっかりとクロージングしているのに、最後に断れる」 「営業で断られ続けて、仕事が嫌になった」 「結果がまったく出ず、才能がないのかもしれない……」 営業は、「簡単だ」と感じている人にとっては、こんなに楽しい仕事はありません

  • 富裕層からの信頼を得られる“ニードセールス”とは

    これからの営業において、クライアント・リレーションが必要になってくると言われています。これは、いかにお客様と長期的な関係性を築けるか、ということです。しかし、お客様に長期にわたってリピートしていただくことは難しいものですよね。 そこで、『150億円を集め

  • なぜ、F1レーサーはコースの壁を見ないのか? 人生を劇的に変える「脳の検索キーワード」の入力法

    脳の検索キーワードを変えると、すごいことが起こります。何が起こるかというと「現状では達成できないようなゴールの達成法」が見えてくるのです。人生を劇的に変える「脳の検索キーワード」の入力法を「24時間で凡人がトップセールスに変わる!コーチング営業(著:林健太郎)

  • ピアスの穴を開けろ! 自分の常識と限界を壊す「イエスマン・トレーニング」

    現在とはまったく違う人生を手に入れたいなら、常識の範囲の中にゴールをつくってはいけません。現状の外側にゴールを設定する必要があるのです。このとき大事なのが、「できるか、できないか」でゴールを決めないこと。それで考えてしまうと、どうしても常識にとらわれてしまいま

  • ダメ営業マンと一流営業マンの違いは「感情コントロール」

    全然物が売れないダメ営業マンと、いつでも物が売れまくる一流営業マンにはどんな違いがあるのでしょうか? 「コーチング営業」と出会い、ダメ営業マンから一流営業マンに生まれ変わった林健太郎さんの本「24時間で凡人がトップセールスに変わる!コーチング営業」より、ダメ営

  • お客様を勝たせよう! 「コーチング営業」7つのステップ

    「物が売れない…」 「クロージングしても契約がとれない…」 「営業で断られ続けて辛い…」 と営業に苦手意識を持っている営業マンは多いのではないでしょうか? 苦しかった営業が楽しくなる方法があります。それが「コーチング営業」です。物を売りつけるのではな

  • あがりグセもこれで解消! プレゼン上級者が意識している1つの法則と3つのテクニック

    人前に立つとどうしても緊張してしまう、あがってしまうという人がいます。あがってしまう最大の原因は「見られている」という感覚。つまりは聞き手の視線です。しかし、視線はうまく操ればプレゼンスキルを向上させてくれる最大の武器になります。 今回は視線にまつわるプ

  • あなたは陥っていない?「ドラえもん会議」に注意

    ビジネスシーンにおいて会議というのは、不毛な時間、無駄な時間ではないかという意見はよく言われたことです。しかし会議は内容次第によっては良い方に転ぶこともあれば、悪い方に転ぶこともあります。もっとも、無為な時間となってしまうのは「ドラえもん会議」でしょう。

  • プレゼンに最適!話を論理的に構成する“ホールパート法”って?

    仕事をしていると、プレゼンなど限られた時間の中で自分の言いたいことを端的にわかりやすく伝えなくてはいけない場面が多々ありますよね。そういう時についダラダラ話してしまったり、うまく話の構成を組み立てられなかったりして相手に理解してもらえなかったという経験はありま

  • 1秒で言いたいことが伝わる!! スライド作り3つの鉄則

    プレゼンテーションの必須アイテム「スライド」。でも、どんな風に作れば相手に伝わるスライドになるのかと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。今回は車塚元章著『プレゼンできない社員はいらない』より、シンプルでわかりやすいスライド作りの鉄則を3つ紹介します。

  • 建前優先でガンコな上司を動かす5つのコツ

    とにかく偉そうな、尊大オヤジタイプ。メンツや形式を重んじ、その人の気に入る段取りを踏まない提案は却下。こういうタイプを自分のペースで動かす作戦を5つ限定公開します。 1. 夜討ち朝駆け作戦 ガンコな人は自分のペースで動きたい人が多い。だから、他

  • あなたは一流か、二流か、はたまた三流か?

    「一流と二流と三流、その違いは実は紙一重である」と話すのは『一流役員が実践している仕事の流儀』の著者である安田正氏。紙一重の差、しかしそういった小さな差、小さな習慣や心がけの違いが、10年後20年後、最終的には役職や社会的地位という目に見える違いとなってあらわ

  • 社長が部下とのコミュニケーションで気をつけるべき3つのポイント

    24歳で起業し会社が軌道に乗ったある日、社員の半分に辞められた経験からコミュニケーションの大切さを痛感した。株式会社怪物の代表取締役社長である徳永拓真さん。その後、部下とのコミュニケーションに力を入れるようになったことで業績が急上昇しました。大分の怪物の異名を

2 / 5 « 先頭 1 2 3 4 5 最後 »