対話のデザインとは?

対話というのは、ビジネスシーンばかりではなく、プライベートなどにおいても大切なものとされています。ちょっとした誤解なども対話によって解けていくといったこともあるでしょう。

対話のデザイン

そうしたなかで対話のデザインという概念があります。なんとなくイメージとしてはつかめるようでいて、その実、どういったものかはなかなかとらえづらいというものもあるでしょう。そうした時に役立つ本が細川英雄による『対話をデザインする』(ちくま新書)です。本書は対話を、単なるひとつの行動としてばかりではなく、あなた自身にしかできないこと、話せないこととしてデザインしていくことで個性を出していく方法について記されています。

対話を通したコミュニケーション

そこにあるのは、対話に置いて重要なことは、相手に何を伝えるのかということですね。それはいわばコミュニケーションのひとつの形であり方法であるといえるでしょう。何か難しいこと、あるいは逆に簡単すぎることとして考えてしまうと、対話というのは途端に難しいものになっていってしまうでしょう。自分自身のテーマというべきものを、マイペペースな作業を通じて地道に発見していくことこそ対話においては大切なものといえるでしょうね。それが究極的には生きる目的といったものへとつながっていくことがあるのです。そうした希望が見えるのが本書ではないでしょうか。