交渉で役立つハッタリ術! あなたを実力以上に見せる方法

たまに「大物」とされているような人にを会う機会もありますよね。そんな人との交渉の場面で、萎縮してしまい、うまく交渉が優位に進められなかった…なんて経験もあるかもしれません。「大物」に見られるということはそれだけで、優位に進められるケースが存在します。そこで今回は「大物」に見えるためのハッタリをかます術をご紹介します。


■見た目はデカく

見た目は大きい方が大物に見えます。例えば、身長が高い人ほど選挙で勝利する傾向があるのです。では、身長が低い人は、どうすればいいのでしょうか?身長が低い人は座って話をしてみましょう。というのも、座れば座高は同じであるため身長差は目立たなくなります。加えて、自分の椅子には座高の高いものを使えば、さらに優位に進められます。

■低い声で話せ

相手と話す際には、低い声で話してみましょう。低い声には相手を落ち着かせる効果があり、主張に説得力を持たせて、知性までも感じさせます。一方、高い声は信頼性を持たせづらいです。また、相手の共感を得られにくく、無能で神経質という低評価を受けやすくなってしまうのです。

■時には、黙れ

常に話していることが正しいとは限りません。というのも、中途半端に喋ってしまうと小物に見えてしまうことがあるからです。逆に黙っているは、気難しく手ごわそうに見えるものです。しかも、黙っていることには練習もいらないので、今日からでも実践できるという利点もあります。

このようなハッタリをかますことで「大物」に見られることが出来ます。大事な交渉の場面などでは、応用してみてはいかがでしょうか。

「しょぼい自分を大物に見せる技術(内藤 誼人)」の詳細を調べる

    
コメント