デキる男は依頼がうまい!

業務の割り振り、取引先に対するお願い……至るところで依頼することが求められます。ビジネスは一人で行うものではないので、社内でも社外でも依頼することは避けられないのです。けれども、なかなかうまく依頼することが出来ない人もいるはず。そこで今回はうまい依頼を行うための依頼力上昇術をご紹介します。


■なぜ依頼は重要か?

うまく依頼をすることで、スケジュールも予算も目標もすべて決まり、あとはその通りに動けば良いので、依頼は仕事の要とも言えます。依頼を通じて、相手に「この会社やこの人と仕事をしたい」と思わせることが大事なのです。

■依頼力向上のために

優先されるものは何か

一口に依頼をすると言っても、仕事内容が最優先な場合、スケジュールが最優先な場合、予算が最優先な場合など、複数の条件があります。その都度、何のための依頼なのかを冷静に考えながら作業を進めてみましょう。

資料をすぐ送れる状態に

依頼するときは依頼状ができあがっていて、「資料を送ってください」と言われたらすぐに対応できるようにしておきましょう。詳細を送るまでに一週間も間を開けてしまってはいけません。

過剰な依頼はいらない

依頼に気持ちを込めることはもちろん必要ですが、過剰に熱心な依頼は断る方にもプレッシャーを与えてしまい、かつ依頼の真意も伝わりません。それよりも、具体的な仕事内容を盛り込みましょう。

早急に答えを求めない

依頼をする側の方が資料を作成したり何かと大変なのは当然のこと。だからといって、受ける側に早急な答えを求めてはいけません。お互いのためにも、受ける側に依頼状を読んで、わからないことの調査や、考えて結論を出すことの手間をかけさせる必要があります。

■断られた場合の対処法

断られた場合には、まずは断ってきた相手へ、検討してくれたことへの感謝の気持ちを伝えましょう。断った後にお礼されることはほとんどないので、相手に良い印象を与えることが出来るため、次回の依頼にうまくつながるかもしれません。相手との信頼関係も築く上でも感謝することは必要です。

また、断られた時に重要なのが相手について事前に調べたことが間違っていなかったか、再確認してみることです。そしてそこで新しい情報が見つかったら、お礼のメールを送る際に「こちらにミスがあり、申し訳ありません。」と一言伝えておきましょう。

一方的な依頼では誰も幸せにしません。依頼をなかなか受けてもらえないという人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

「仕事の9割は「依頼術」で決まる(深澤 真紀)」の詳細を調べる

    
コメント