雑談力をきたえる

決して数値として表されるものではないし、専門的な資格があるわけではないけれども、その人にとって大きな武器となる能力はいくつかあります。そのひとつが雑談力でしょう。ビジネスなどにおいて、初めて会った相手に対し、雑談を交わせる能力というのはとても大きな力です。

どうやって身につける?

雑談力はもともと話好きな人が得るものなのでしょうか。あるいは、何か専門的な知識がある人にできるものなのでしょうか。いえ、そんなことはありません。雑談力はポイントさえ押さえてしまえば、誰でも実用化が可能なものなのです。櫻井弘監修による『誰と会っても会話に困らない 雑談力サクッとノート』(永岡書店)は、そんな雑談力にまつわるテクニックが網羅された本になっています。

どうすればいいのか?

本書では雑談下手な人が身につけた方がいいテクニックがポイントに絞って解説されています。さらに、マジックフレーズも紹介されていますから、それをそのまま使ってみるといったこともできるでしょう。雑談をするにあたってのポイントは、相手に的確な質問を投げかけることができるか、あるいは相づちをどういう風に打てばいいのか、沈黙を打開するにはどうすればいいのか、といったテクニックがシチュエーションごとに紹介されていますので、場面場面ですぐに使えるテクニックが満載の本になっているので、入門から応用まで網羅したい方にはうってつけでしょう。