プレゼンテーションのコツ

仕事の企画提案や発表などプレゼンテーションで差がつく時代です。プレゼンテーション資料の作成テクニックや、スティーブ・ジョブズ、孫正義、橋下徹のようにプレゼンテーションが上手な人からプレゼンテーションのコツを学びましょう。

  • あがりグセもこれで解消! プレゼン上級者が意識している1つの法則と3つのテクニック

    人前に立つとどうしても緊張してしまう、あがってしまうという人がいます。あがってしまう最大の原因は「見られている」という感覚。つまりは聞き手の視線です。しかし、視線はうまく操ればプレゼンスキルを向上させてくれる最大の武器になります。 今回は視線にまつわるプ

  • プレゼンに最適!話を論理的に構成する“ホールパート法”って?

    仕事をしていると、プレゼンなど限られた時間の中で自分の言いたいことを端的にわかりやすく伝えなくてはいけない場面が多々ありますよね。そういう時についダラダラ話してしまったり、うまく話の構成を組み立てられなかったりして相手に理解してもらえなかったという経験はありま

  • 1秒で言いたいことが伝わる!! スライド作り3つの鉄則

    プレゼンテーションの必須アイテム「スライド」。でも、どんな風に作れば相手に伝わるスライドになるのかと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。今回は車塚元章著『プレゼンできない社員はいらない』より、シンプルでわかりやすいスライド作りの鉄則を3つ紹介します。

  • SHOWのようなプレゼンテーション! 楽しみながら「今」を知り、「希望」を抱ける番組とは?

    「プレゼンとは大道芸である」という考えが筆者の頭に浮かんだのです。この言葉は、Eテレにて毎週月曜夜11時から放送中の「スーパープレゼンテーション」という番組を見る度に浮かぶのです。 かつて、職場で、大学で、さまざまなプレゼンを見てきましたし、筆者自身もや

  • 頭の中に引っかかりを作れ! 保育園と幼稚園の違いをわかりやすく説明する方法

    「幼稚園と保育園の違い」を説明するとしたらあなたはどう説明しますか? 池上彰さんのようにわかりやすく説明したいですよね。そのためには、頭の中に引っかかりを作る必要があります。 ■引っかかりを作る マスコミ用語に、「フックをかける」という言葉があ

  • お笑い芸人に学ぶプレゼンテーションのコツ

    会議や営業コンペなどビジネスの中でプレゼンテーションを行う機会は多いですよね。プレゼンテーションが苦手な人でもプレゼンテーションのコツをつかむことができます。実は、毎日テレビで観ているお笑い芸人からプレゼンテーションのコツを学ぶことができるのです。

  • グラフの作り方から色使いまで。外資コンサル流プレゼンテーション。

    プレゼンは簡単なようで奥が深い。プレゼンの名手と言われる人は、いとも簡単に発表しているように見えますが、目に見えない細かい気配りがなされています。今回は外資系コンサルのスライド作成術から、プレゼンにおける細かな気配りを学びます。 ■適切なグラフ 適

  • 流石過ぎる!! 外資系コンサル流プレゼンテーションスライドの作り方。

    社会人になるとプレゼンテーションをする機会が多いと思います。実はプレゼンテーションには方法論があるのをご存知でしょうか。今回は外資系コンサルタント流のプレゼンテーションスライド作成法を紹介します。ポイントは「シンプルさ」で、聴衆に伝えたいメッセージやスライドの

  • 爆速で突き進む孫正義のプレゼンテーション術とは

    ソフトバンク株式会社の代表取締役会長である孫正義氏。アメリカ携帯電話業界第3位のスプリント・ネクステル社の買収交渉に入るなど、爆速で突き進んでいるソフトバンクグループですが、孫正義氏はどのように人を惹きつけるのでしょうか。今回は人を惹きつける孫正義氏のプレゼン

  • プレゼンテーションがうまくいかないのは「説明力」のせいだった!

    会議やプレゼンテーションと、毎日のように人前で発表する場がありますね。「うまくいった」と自分では思っても、よい結果が出ないということもしばしばあるでしょう。その理由は「説明力」にあったのです。伝わるプレゼンテーションにするには、説明力をどう使えばいいのでしょう

  • これであなたもスティーブジョブズになれる。ジョブズ流プレゼンテーションの極意

    堂々としていて、それでいて美しいスティーブ・ジョブズのプレゼンテーションは、世界中の誰もが認めるところ。そして、ジョブズのようなプレゼンテーションをしたいと望んでいるビジネスパーソンも多くいることでしょう。人を惹きつけるプレゼンテーションは、ジョブズだからでき

  • 分かりやすく説明できるようになるおすすめ池上彰の本7冊

    「週間こどもニュース」のお父さんを11年務め、現在はジャーナリストとして多方面で活躍し、たくさんの本を出している池上彰さんの著書で、特におすすめの本を7冊紹介します。「わかりやすく」ニュースを伝えることで有名な池上彰さんの著書は、もちろんわかりやすいものなので

  • 池上彰流わかりやすく説明する技術

    「週間こどもニュース」のお父さんを11年務め、「分かりやすい解説」をさせたら右に出る者がいないと言われる池上彰さん。なぜあそこまでわかりやすい説明ができるのでしょうか?池上彰さんがわかりやすく説明をするために行なっている準備方法を紹介します。 ■

1 / 1 1