質問力の重要さ

「何か質問はありますか」こうした問いかけは契約をする時、あるいは就職などの面接を受ける時に、必ずといっていいほどされるものです。そこで「特にありません」と答えてしまうのが良いのか、あるいは何か良い一言を言うのが良いのか、といえば答えは当然後者になるでしょう。それでも、どうでもいい質問はかえってマイナスの評価を受けかねません。そうして見ると質問力は重要なスキルだとわかるでしょう。


質問は技術である

粟津恭一郎による「『良い質問』をする技術」(ダイヤモンド社)は、そんな質問をめぐるメソッドが記されています。著者は良い質問ができるようになると、周囲の人間関係がよくなると言います。確かに、とんちんかんな質問や、ごく初歩的な質問をされると、こちらの話を聞いていないのではないか、とそんな思いを抱くこともあるでしょう。

質問が重要である

さらにスムーズな会話において、しかるべきタイミングで質の高い質問を出すことも重要です。本書では良い質問の8つの特徴、良い質者をする12のコツといった、それぞれのパターンにわけて質問を分析していますので、メソッドを把握しやすくなっています。

    
コメント