先延ばしはソンをする?

迅速な行動は大切だといわれます。しかし、めんどうくささから、つい後回しにしてしまいがちです。


先延ばしの理由は?

目の前に仕事が溜まっているとき、あるいは準備をしなければならないとき、そうした時々で先延ばしは起こります。先延ばしが起こる原因は何でしょうか。気分が乗らない、やる気がでない、そうしたぼんやりとした理由が大半を占めるのではないでしょうか。そうした先延ばし癖をどうすれば直せるのか。そこに向き合った本が、藤由達藏『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』(青春出版社)です。

コーチングで解決

著者は、メーカー勤務のかたわらプロコーチ養成スクールでコーチングを学んだ人物です。コーチングとは、相手との対話を通じて自発的な行動を促すコミュニケーション方法です。すぐに行動に移せないのはなぜなのか、その根本に立ち返ることで、原因をつきとめ、すぐにでも自分の行動を変える方法を見つけることができるのです。著者は、すぐに行動に移せない人の心理に「不安」があると指摘します。確かに、新しいことにチャレンジするのは不安がつきまといますし、現状に満足しているならば、このままで良いのではないかと思ってしまいます。しかし、そうしたことを繰り返していればすぐに乗り遅れてしまいます。競争社会において、仕事、お金、夢のすべてに置いてけぼりにされないためのノウハウが本書には満載です。

    
コメント