不機嫌ぞろいの月曜を明るくするマンデー・モーニング・メール

休み明けの月曜の朝は、誰でも憂鬱なもの。月曜日の自殺がもっとも多いという統計データもあるくらい気分がブルーになるのが月曜日。会社では、あからさまに不機嫌オーラを発している人も珍しくありません。

そんな月曜日に限って週のはじめということもあり、朝からメールがバンバン来たりします。不機嫌さがメールの文章に出てしまったりすると、不機嫌が不機嫌を呼び、みんながイライラしてしまうなんていうことも。

「そんな不機嫌が蔓延している月曜日にこそ、みんなをハッピーにするメールを送ろう」というマンデー・モーニング・メールを提唱するのが、『しゃべらない仕事術』の著者、石田健一氏です。しゃべるのが得意ではないタイプの石田氏が、社内の人や取引先と良好な関係を築くために実行していたそうです。


やることはとってもシンプル!

やることは至ってシンプル。前週の仕事で関わった人たちに感謝の気持ちをメールで述べるのです。特に、面と向かって感謝の気持ちを伝えるのが苦手な人にはぜひおすすめです。

「○○君のおかげで大成功だったよ!」と部下を褒めたり、労ったり、「○○様のご提案、最高でした!」など、取引先にお礼を述べたりします。

たったこれだけのことですが、相手は非常に喜び、憂鬱な月曜の朝を清々しく迎えられ、快適な一週間を送ることができるようになります。

月曜の朝は、仕事で自分も忙しないので、たくさんの人に送りたい場合は、金曜日や週末にメールの準備をしておくことも大事。マンデー・モーニング・メールで周りの人の気持ちをハッピーに変えてみませんか? 周りのあなたに対する見方も変わってくるでしょう。

「コミュ力が高い=しゃべるのが上手はウソ?」の詳細を調べる

    
コメント