デキるビジネスマンは「メールを放置」「仕事は完璧にしない」!?

「メールはすぐ返せ」
「優先順位を決めろ」
「人脈をとにかく広げろ」

ビジネス界で常識と呼ばれる多くのもの。実はほとんどが間違っているのです! その証拠に、常識に従って一生懸命頑張っているのに、なかなか成果が出ないのではないでしょうか。

「一方で、ビジネスで着実に成果を出している人の多くが、常識にとらわれない働き方をしています」。そう言い切るのは、ビジネスコンサルタントの北岡秀紀氏。これまで1000を超える企業のコンサルティングを手掛け、成功率は93.8%を誇る超人気コンサルタントです。

そこで、北岡氏に、常識を破って成果を出す仕事術を、幾つか紹介してもらいました。


■メールは放置する

即レスしたら、成果を生む仕事の集中力が途切れます。後でまとめてレスをしましょう。

■仕事は完璧にしない

40点レベルで仕上げて軌道修正するほうが、ラクで早いです。次第に点数を上げていきましょう。

■人脈を広げようとしない

名刺集めや交流会参加にいそしんでも、実績がなければ誰からも連絡が来ません。そういう場に参加する暇があったら、スキルアップが先決です。

■優先順位は決めない

どうでもいい内容なのに、緊急となった仕事ばかりが優先されてしまうからです。

■勉強を習慣づけない

「いつか役に立つ!」と願ってインプットばかりしていても、その「いつか」はたいていおとずれません。今知っている方法のアウトプットと、その結果の検証が即戦力につながります。

■お客を集めようとしない

新規客集めよりも、お得意様の購入頻度を上げるほうが簡単です。

■時代の行く先を読まない

時代の予見は、神様以外は無理です。容易に予測できるトレンドの把握に注力しましょう。

■大きな夢を持とうとしない

大きすぎる夢は非現実的で、心底から願っていないことが多いもの。それよりも、小さな夢の実現を繰り返せば、手に届く夢は勝手に大きくなってくれます。

■競合他社の調査はしない

競合の真似しかできないからです。異業種からパクれば、斬新なアイデアが浮かびやすくなります。

その他にも、

ポジティブ思考にならない
電話に出ない
わかりやすくまとめない
今後は英語の時代だと考えない

など、常識破り働き方ばかり…。

北岡氏の新刊『96%の人がやっていない 稼ぐ人の常識破りの仕事術』には、以上のような「トップ4%」だけが実践する「最短」で「成果を生む」仕事術が満載。頑張っても伸びないとお悩みのビジネスパーソンは必読の書です!

「96%の人がやっていない 稼ぐ人の常識破りの仕事術(北岡秀紀)」の詳細を調べる

    
コメント