一流の気くばり力とは?

ビジネスシーンにおいて求められるスキルは様々ありますが、その中のひとつとして気くばり力があると言えるでしょう。この気くばりというのは、あまりに恭しくやってしまうと味気ないものになってしまいます。さりげなく気くばりをしてこそ、一流であると言えるでしょう。


どういうものか?

安田正『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』(三笠書房)は、気くばりについての極意が記された本です。仕事ができる人は、気くばりができる人といっても過言ではありません。気くばりができる人はお金も幸せも運んでくる。そのようなテーゼが本書では記されています。

どういう気くばりが良いのか?

それでは、どのような気くばりが良いのでしょうか。まずなによりも大事なのは、気くばりは先へ進むための措置である点でしょう。その時に求められていることの、先を読む力、一歩前を行く力がそこには必要だと言えます。

テクニックも紹介

本書はそのような気くばりを実現させるためのテクニックというべきものも紹介されています。トラブル解決の時にはどうすべきか、相手に花を持たせるにはどうすればいいのか、そうしたいざという時に必要な気くばり力のテクニックが本書では紹介されています。もちろんビジネスシーンばかりではなく、プライベートでも活用できるテクニックが多く紹介されています。

    
コメント