一般的PCスキルのレベルは?

事務職などの応募案件において、一般的なPCスキルといったものが条件に課されていることがあります。一般的といってもどのくらいなのか、というのは気になるところでしょう。例えば英語の試験ならばTOEICのように具体的なスコアで示されているものがあります。もちろんパソコンに関しても検定の類はありますが、はっきりと数値化されていることはありません。

どのくらいのレベル?

PCスキルというのはいくつかの段階にあげられるでしょう。まず起動と終了などができるといったことは基本中の基本ですね。さらにキーボードの操作ができるといったことも必要でしょう。一般的なというと、ブラインドタッチはできなくとも、ある程度は打ち込めるといったスキルが求められると言えるでしょう。

プリントアウト

さらにビジネスシーンにおいては、書類を印刷するといったこともある用途です。プリンタとパソコンをつなげて書類を印刷できるといったこともパソコンのビジネススキルでしょうね。

ネットで情報収集

さらに今はインターネットの時代ですから、Eメールが送れる、インターネットを通して情報収集ができるといったことも求められます。改めて、それができているのかといったことを問い直す必要があると言えるでしょう。