情報収集

良い情報を収集することがビジネスでは大切です。ネット、雑誌、新聞などの情報源から大切な情報を収集できるコツを紹介します。

  • 「R25」とはなんだったのか?

    リクルートが提供するサービス「R25」が2017年3月末をもって終了しました。20代後半から、30代始め、社会人となり5年目のころ、そろそろ新人とも言われないような世代へ向けたサービスであり、2004年から2015年にかけては週刊(のちに隔週刊)のフリーペーパーを発行していたことも話題となりました。「R25」とは何だったのかあらためて考えてみましょう。

  • ハードニュースとソフトニュース

    テレビ番組や、新聞、雑誌などのメディアでニュースをチェックする人は多いでしょう。そのニュースもハードニュースと、ソフトニュースとわけられます。

  • 情報は整理するな! マッキンゼー流・情報感度を上げるテクニックとは

    優秀な人って、情報収集能力に長けていて、集めた情報をきちんと整理できている印象がありますよね。そういう人になろうと一生懸命集めた情報を整理しよう、と思いつつも日々の仕事に忙殺され情報は貯まりストレスも溜まり……という人は多いのではないでしょうか。 しかし、マ

  • 仕事のあらゆる場面で使える、マッキンゼー流「会社を調べる技術」

    新規の取引先のことを調べたり、依頼主の状況を調べたりと、就活を終え社会に出ても仕事につきまとう「企業研究」。企業を調べる、というと漠然としていますが、きちんとコツがあります。それは「ヒト・カネ・モノ」のフレームワークに沿って調べるということです。 マッキンゼ

  • 情報収集には公共図書館を活用せよ

    インターネットが普及した現在、情報収集はもっぱらオンラインで行うという人が増えている。新聞や雑誌といった活字媒体はおろか、テレビというメディアも見放されつつある。しかし、誰も触れていないからこそ、そこに触れていれば独自の情報が手に入ることもある。本が沢山集まっ

  • 池上彰が紙の新聞にこだわる理由。新聞の情報収集術

    「池上さんは、どうして紙の新聞にこだわるのですか?」 と池上彰さんは質問を受けることが、ときどきあるそうです。新聞の内容ならネット版でただで見られるし、紙だとかさばるため新聞をとらないビジネスパーソンも増えています。なぜ池上彰さんが紙の新聞にこだわるので

  • 雑誌の情報収集テクニック

    情報収集には、新聞、ネットニュース、書籍、雑誌などいろいろな媒体が存在します。特に、雑誌は有力な情報源です。関心のある特集や記事を拾い読みするだけでも、得るところがたくさんあります。雑誌の情報収集テクニックを紹介します。 経済週刊誌からの情報収集

  • 各新聞の特徴とは。新聞を上手に活用しよう

    日経新聞、朝日新聞、読売新聞、中日新聞など様々な新聞があります。新聞ごとに特長があります。各新聞の特徴を知ることで、新聞を上手に活用できるようになります。 読売新聞は外信面が充実 読売新聞は、国際面が充実しています。解説記事も充実しています。新

  • 情報過多の社会を生き抜くための方法

    言わずもがな現代は情報過多の世界。どの情報が正しい情報なのかを適切に判断できなくては、簡単に騙されてしまいます。特に、東日本大震災の時に顕在化したように、有事の際には集団心理に飲み込まれ、多くの情報の中から適切な判断を下すのが難しくなってしまいます。では、自分

  • ネットで検索してるだけでは一生出来ない情報収集術

    今や必要な情報はインターネットで検索すれば、容易く手に入る時代。ということは、誰でも、ネットを使った情報収集が当たり前となっていて、情報を知っているかどうかで付加価値をつけることは難しいということ。そんな現代で付加価値の高い情報を集めるにはどうすれば良いのでし

  • 今さら人に聞けない言葉、「キュレーション」って何?

    2、3年前からインターネットの世界で度々現れてきた言葉、キュレーションを御存知でしょうか? キュレーションは、フリー、シェアに続く概念として、アメリカでは広く使われ、日本でも今後急速に注目度が上がっていくとされています。今回は、そんなキュレーションという言葉に

  • なぜマスコミの報道も鵜呑みにしてはいけないのか

    テレビや新聞、インターネットなどから情報を手にしている現代人。インターネットの情報は情報元(ソース)が明確にしづらいため、鵜呑みにしてはいけない……という指摘は繰り返されていますが、実はそれはテレビ、新聞などのオールドメディアでも同じ事が言えます。マスコミの情

  • 一方上行く情報収集! デキる社長は新聞をどのように読むのか?

    インターネットで即時的に情報が得られる時代になりましたが、新聞を読んでいますか? インターネットでは検索すればすぐに調べたい情報が得られますが、新聞も情報の深さではまだまだ負けていません。でもやっぱり新聞は数ページにもわたり、なかなか読みにくいもの。では、社長

  • 時流を掴むビジネスマンがコッソリやっている情報収集術

    常に変化し続けている現代で、ビジネスマンが生き残っていくためには時流をいち早く、そして的確に掴むことが求められています。けれども、変化のスピードが特に早い昨今、忙しさに忙殺されてしまうビジネスマンも多いはず…。そこで今回は時流を掴むビジネスマンがやっている情報

  • "ステマ"を見破れ! ネット社会を生き抜くための情報リテラシー

    消費者に宣伝と気付かれずに宣伝行為を行うステルスマーケティング、通称ステマという言葉が、使われるようになってきた昨今。最近では芸能人がペニーオークションをブログ上でステマしたということで大きく話題になりました。けれども、ネット社会ではステマは気付かれずに行われ

1 / 1 1