マネジメント

部下を持つとマネジメントスキルが必要となります。上司になったら知っておきたい、社員教育、部下の管理、優れたチームの作り方など、リーダーに必要なマネジメントの方法を紹介します。

  • 利益をもたらす数字社員、赤字をもたらす感覚社員

    突然だが、日本の企業の何割が 「黒字企業」 だかご存じだろうか。 国税庁によると、平成11年度以降、 法人税を黒字で申告した企業は ほぼ3割で横ばいである。 平成21年度には、なんと 25.5%という過去最低を記録した

  • 経営者を襲う3つの悪魔の罠

    「経営者の悩みはつきない」 とよく言われますが、 ・自らの経営に、全社員および全社員の家族の生活がかかっている ・商品やサービスに問題が起きたら社長が実名で報道されることになる ・業績好調でもボーナスが少ないと逆に社員の不満を買うことがある

  • 初めて管理職になった人が犯しがちな典型的な失敗10選

    株式会社武蔵野の代表取締役社長である小山昇さんが長年、経営者として部下を見てきて、初めて管理職になった人が必ず犯す失敗があることに気づきました。これから管理職になる人は予習として、既に管理職の人は、自分の仕事を振り返るチェックリストとして、活用してください。そ

  • 全管理職の禁煙を成功させた会社の秘密

    喫煙者は煙草を吸っている間、仕事をしていません。それなのに同じ給料をもらっているのは不公平と思ったことはありませんか? さらに、煙草を吸うと病気のリスクが高まります。 しかし、どんなに喫煙の弊害を説いても、常習性のある煙草をきっぱり断ち切らせるのは並大抵

  • デキる人は指導役に向かない理由

    デキるエリート社員はえてして若手の指導役に向きません。むしろ若いときにはパッとしなかった上司のほうが、指導役として適任であることが多いものです。理由は3つあります。その理由を株式会社武蔵野の代表取締役社長である小山昇さんの新刊「小山昇の失敗は蜜の味 デキる社長

  • こんな億万長者の話も信用してはいけない? ゼロが2つ多い人の話は参考にしてはいけない理由

    世の中には信用できるかどうかは別として、成功本や成功のコツがあふれています。しかし、その中でも注意して欲しいポイントがあります。それはゼロが2つ多い人の話は参考にしてはいけないということです。その理由を「小山昇の失敗は蜜の味 デキる社長の失敗術」より紹介します

  • なぜ武蔵野の本社はみすぼらしいのか?

    会社の本社は新築物件やおしゃれさが重視されることも増えてきました。しかし、武蔵野という会社では「あえて」本社はみすぼらしくしています。その理由について株式会社武蔵野の代表取締役社長である小山昇さんに聞きました。 成功者と見られた途端に嫌われる

  • 裸の王様ならぬ、裸のリーダーになっていませんか。

    「面倒をみていた部下が辞めてしまった」「同僚にグループから抜けたいと言われた」なんて、自分はよかれと思ってやっていたことなのに、他人から認められないことってありませんか。 自分なりに一生懸命仕事していた手前、「相手との相性が悪かったかな……」なんて責任転

  • 部下のホンネ! こんな上司は尊敬できない!?

    「部下の考えていることがさっぱりわからない・・・」とイライラしている上司も多い。「最近の若者は・・・」という決まり文句でグチをこぼす。しかし一方で、部下たちだって上司にストレスを感じているのである。その中でも多いのが、尊敬できない上司たちだ。 上司と部下

  • 社会常識の枠を越える若手の非常識にたじたじの上司たち

    若者の考えていることがさっぱりわからないと悩む上司が急増している。これまでの社会の常識をはるかに越えた非常識な部下、その扱いに手を焼き、最近では上役なんかよりも部下に気を遣いすぎて、まいってしまう上司が増えている。 部下の気持ちを理解し、うまくかかわれる

  • 職場にあふれる「おじさんの苦悩 vs 若者の絶望」

    なぜ、上司と部下の間にはミゾができてしまうのか? 世のおじさん上司たちは、なんとか部下を一人前に育てようとするが、なかなか思うように育ってくれない部下たちに苦悩している。一方で、世の若者たちは、上司たちがちゃんと仕事を教えてくれない、話を聞いてくれないと

  • 笑顔でやる気のあるスタッフと働ける! 小さな店でのスタッフマネジメント法

    お店の店長や経営者にとって、アルバイトでも社員でも、お店の人員確保って大変ですよね。すぐに辞められてしまったり、明らかにやる気がなかったり…。今回はそんな「ハズレスタッフ」ではない、理想のスタッフをゲットして、素敵なお店を作る方法をご紹介します。

  • ジャンプコミックスに学ぶ? 「さとり世代」を叱るときの4つのルール ~スタッフ・マネジメント虎の巻~

    揄されることの多い今どきの若者、いわゆる「さとり世代」。叱ると辞めてしまうので叱れないという人も多いのではないでしょうか。しかし、スタッフ・マネジメントのスペシャリストである鈴木亮さんは、「叱るから辞めるのではなく、良い関係性ができていないから辞めていく」ので

  • 礼節と誠実は最強のビジネススキルです。

    世界大手の人材派遣会社のアカウンテンプスが『フォーチュン誌』で発表した研究によると、企業のマネジャーや幹部は、勤務時間の13%(1年の2か月弱)を、社員の人間関係の修復や無礼な行動の後始末に費やしているという驚きの事実があります。それほど、生身の人間同士の関係

  • 仕事ができても自分探しの「ジプシー系」社員、不満だらけの「反乱系」社員に要注意!

    仕事ができる社員というのは、会社にとってかけがえのない宝です。しかし、仕事ができる社員が「ジプシー系社員」や「反乱系社員」だったら、要注意です。いずれも仕事ができるタイプが多いけれど、結局、彼らはどこの会社にも合わないという点で共通しているのです。

  • 上手に叱りたい! 部下を伸ばす3つのステップ

    「仕事が遅い」「文書にミスが多い」「先方に迷惑をかけてしまった」。そんな部下の失敗に悩まされるリーダーや上司の皆さんも多いことでしょう。そんなとき頭ごなしに叱っていませんか? 今回は、脳科学研究に基づいた効果的な叱り方をご紹介します。 ■ミスの報

  • マネジメントから組織論まで。新入社員がビジネスをするときに知っておきたい5つのこと。

    経営について数多くの著作を残し、死して尚、多くのビジネスマンに影響を与えている人物ピーター・ドラッカー。彼が考えた現代経営学は、今や主流派の学問の1つとなっています。そんな企業やマネジメントばかりを考えていたドラッカーは、数多くの名言を残していました。そこで今

  • マネジメントに困っている人、必見! ドラッカー先生が助け舟を出してくれたよ!

    皆さん、ピーター・ドラッカーをご存知でしょうか。従来の経営論をあえて考えず、21世紀型のマネジメントを発明した人物です。今の時代で用いている「マネジメント」というのは全て彼をルーツとしたものと考えて差し支えないでしょう。マネジメントで困っている組織が多い中、彼

  • 会社の愚痴ばかり言っているお荷物社員のやる気を出す方法

    あなたの会社にもいませんか? 会社の愚痴ばかり言っているお荷物社員。とはいえ、どうすれば彼らのやる気を出せばいいかもわからない人が多いですよね。でも、会社の愚痴ばかり言っているお荷物社員のやる気を出す方法があるんです。 お荷物社員の特徴 まずは

  • 忠犬ハチ公社員をデキるリーダーに成長させるマネジメント手法

    会社において可もなく不可もない忠犬ハチ公社員。いわゆる凡庸なサラリーマンですが、この忠犬ハチ公社員をデキるリーダーに成長させるマネジメント方法があります。一つ上のステージに成長させることで会社がさらに大きく成長します。 忠犬ハチ公社員の特徴 ま

1 / 3 1 2 3 最後 »