マネジメント

部下を持つとマネジメントスキルが必要となります。上司になったら知っておきたい、社員教育、部下の管理、優れたチームの作り方など、リーダーに必要なマネジメントの方法を紹介します。

  • ワンフレーズに注目しよう

    多くの人は、仕事をしていて上司からふとかけられた言葉によって勇気づけられた経験があるでしょう。その一方で、やる気を削ぐような発言を受けたこともあるのではないでしょうか。たった一言であっても、相手に与える影響は大きいものです。

  • リーダーの考え方とは?

    会社などの組織においては、人の上に立って社員を束ねる必要があります。当然ながら、そこにはリーダーにふさわしい人、あるいは不向きな人がいるでしょう。しかし、そうした向き不向きはその人がもともと持っているものばかりではありません。仕事をする中で試行錯誤して、リーダーに成ってゆくものなのです。

  • マネジメントの基本を学ぶ

    会社などの組織においては、マネジメントが重要と言われています。若い頃にはあまり求められなくても、ある程度の年齢になれば仕事そのものの能力に加え、マネジメント力が問われてくるでしょう。それは単に仕事の能力ばかりではなく、人望なども含まれています。

  • 箱根駅伝をビジネスに援用する

    原晋の『逆転のメソッド 箱根駅伝もビジネスも一緒です』(祥伝社新書)は、2015年に初優勝を果たし、その後2018年まで4連覇を続けている青山学院大学陸上競技部の監督です。

  • 社員のやる気を「支援」する

    社員定着率を高めるためのステップとして「理念」「体現」「信頼」について触れてきましたが、最後に、第4のステップ「支援」について触れていきましょう。社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんがいう「支援」とは、「信頼」の話に出てきた社員を指導するといったこととは少し違うようです。

  • 社員に信頼されるリーダーの条件

    社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんが挙げる、社員が辞めない会社作りへのステップ、「理念」「体現」に続いて、3つ目は「信頼」です。社員との信頼関係を築くとはどういうことなのか、小池さんの持論から紐解いていきましょう。

  • リーダーの「体現」が理念を浸透させる

    理念とは会社そのものだと強調する、社員定着率96%を達成したリハプライム代表取締役の小池修さん。さらに理念が看板倒れで終わっては身も蓋もありません。リーダー自ら率先して理念を体現し、社員全員に浸透させていくことが肝心です。そのために何をするべきか。小池さんの会社が実践している方法に迫ってみましょう。

  • 会社は「理念」ででてきている

    経営理念とは創業時に抱いた「こんな会社を創りたい」「こんな会社にしたい」 という思いを言葉にしたもの。でも、リハプライム代表取締役の小池修さんは「経営理念は額に入れて社長室に飾ってあるだけではだめ」と強調します。理念を実践するとはどういうことか。掘り下げてみてみましょう。

  • 理念を浸透させる一つの方法

    「理念」は掲げているだけでは意味はなく、社員に浸透させることで初めて生きてくると、社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんは言います。では、理念を浸透させるのに不可欠なこととは何か。小池さんは「リーダー自らが率先して体現すること」が不可欠だと明言しています。

  • 社員定着率を上げる理念とは

    社員の定着率を上げるには待遇改善が大前提というのが、社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんの持論。しかし、定着率を100%に近づけていくためにはそれだけでは不十分だと、小池さんは言います。重要なのは4つのステップだと言うのですが、一体どんなことなのでしょうか。

  • 定着率がアップする昇給術とは?

    これまで社員が辞めたくなる理由と対策について触れてきましたが、意外に感じた方も少なくないのでは?そう、おカネ、つまり給料の話が一切出てきていません。不景気が長く続いた影響もあるのか、最近の若年層は給料に対してそれほど執着がないということなのでしょうか。とは言え、社員のモチベーションを上げるのに賃金は重要な手段のはず。そのあたりの関係を考えてみましょう。

  • 社員定着の大前提、待遇改善の極意とは

    社員が辞めたくなる理由は、休暇の取りやすさ、人間関係、先行きへの不安の3点に集約されるというのが、驚異の定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんの見識。ではそれらをどう解決していくのが合理的なのか、小池さんの経験談から見ていきましょう。

  • イマドキ社員はなぜすぐ辞める?

    「最近の新入社員はすぐ辞めてしまう」。人材不足に頭を抱える経営者からよく聞かれる言葉です。イマドキの若者の考えていることがよくわからない?昔に比べて根性がなくなった?やっかみを並べたくなる気持ちは分からないではありませんが、原因を突き止めなければ前には進めません。

  • 逆境からの「社員定着率96%」への道

    社員定着率が50%いけば上出来と言われる介護業界で、96%という驚異の実績を達成した、リハプライム代表取締役の小池修さん。しかし、この数字を実現するまでの道は決して平坦ではなく、試行錯誤の連続だったといいます。まずは成功までの道のりを見ていきましょう。

  • ビジネスにおける1on1とは?

    ビジネスシーンにおいて注目されている社内コミュニケーションの方法があります。それが1on1です。つまりは1対1でコミュニケーションを行うということになります。

  • 誰でもできることからはじめる

    ビジネスをやるうえで、人としてのパーソナリティの向上は欠かせない要素です。自分みがきという言葉でも言い換えられるでしょう。しかしながら、いきなり英会話にチャレンジしたり、あるいは異業種交流会に顔を出したりといったことをしても、なかなかうまくいかないものです。もっと、基本に立ち返って考える必要があるでしょう。誰でもできることをやっていないのではないか、そうした目の向け方は重要です。

  • 利益をもたらす数字社員、赤字をもたらす感覚社員

    突然だが、日本の企業の何割が 「黒字企業」 だかご存じだろうか。 国税庁によると、平成11年度以降、 法人税を黒字で申告した企業は ほぼ3割で横ばいである。 平成21年度には、なんと 25.5%という過去最低を記録した

  • 経営者を襲う3つの悪魔の罠

    「経営者の悩みはつきない」 とよく言われますが、 ・自らの経営に、全社員および全社員の家族の生活がかかっている ・商品やサービスに問題が起きたら社長が実名で報道されることになる ・業績好調でもボーナスが少ないと逆に社員の不満を買うことがある

  • 初めて管理職になった人が犯しがちな典型的な失敗10選

    株式会社武蔵野の代表取締役社長である小山昇さんが長年、経営者として部下を見てきて、初めて管理職になった人が必ず犯す失敗があることに気づきました。これから管理職になる人は予習として、既に管理職の人は、自分の仕事を振り返るチェックリストとして、活用してください。そ

  • 全管理職の禁煙を成功させた会社の秘密

    喫煙者は煙草を吸っている間、仕事をしていません。それなのに同じ給料をもらっているのは不公平と思ったことはありませんか? さらに、煙草を吸うと病気のリスクが高まります。 しかし、どんなに喫煙の弊害を説いても、常習性のある煙草をきっぱり断ち切らせるのは並大抵

1 / 4 1 2 3 4 最後 »