マネジメント

  • ポジ出し社会を作るには

    ダメ出しという言葉があります。欠点や失敗などを指摘するものですね。お笑い芸人などがネタ見せで欠点を指摘されるといったことに使われることが多くありますね。しかしながら、そればかりではなくネット社会ではちょっとした揚げ足取りのようなものにもダメ出しは使われていると言えるでしょう。いわば、現在の日本というのはダメ出し社会であるとも言えます。

  • 自分の頭で考えるには

    指示待ち人間と呼ばれる人たちがいます。仕事で何かを指示されるまで動けない人たちですね。これは一般企業においてはあまりよくないこととされています。ただ、やはり仕事というのは勉強と違って、目の前にあるはっきりとしたものというよりは不定形なものを扱うわけですから、ある意味では仕方がないとも言えるでしょう。

  • シンプルな3分間マネジメント術とは

    本書は部下のコントールに関する本です。部下をどのように動かしてゆけばいいのか、指導してゆけばいいのか。そこにおいて役立つものとして短い時間でケアをしてゆくための方法について記されています。伊藤守による『ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

  • リーダーシップのスキルとは?

    リーダーシップという言葉があります。人をまとめて、率いていく能力ですね。これは生まれ持った能力のように思われがちですが、決してそんなことはありません。リーダーシップはビジネススキルのひとつであり、そこにおいては誰もが引き伸ばすことができるのです。

  • 褒め活、社会を作る

    今の世の中はすべてダメ出しで溢れていると言われています。確かにネットを除いてみるとあらゆる文句が溢れていますね。もっと良いところを見つけられないものかと呆れてしまうでしょう。

  • 部下を成功させるコミュニケーション技法とは?

    世の中にはコミュニケーションに関する本が多く出版されています。そのどれもが、自らの成功を前提としているものが多いです。しかし、ビジネスシーンにおいては自分が上司となって部下の成功を促すシーンもあるでしょう。その時、どうすればいいのか迷ってしまうことも多いです。やはり、自分で成功することはたやすくても、他人を成功させるのは、それはそれで難しさが伴うのではないでしょうか。

  • ワンフレーズに注目しよう

    多くの人は、仕事をしていて上司からふとかけられた言葉によって勇気づけられた経験があるでしょう。その一方で、やる気を削ぐような発言を受けたこともあるのではないでしょうか。たった一言であっても、相手に与える影響は大きいものです。

  • リーダーの考え方とは?

    会社などの組織においては、人の上に立って社員を束ねる必要があります。当然ながら、そこにはリーダーにふさわしい人、あるいは不向きな人がいるでしょう。しかし、そうした向き不向きはその人がもともと持っているものばかりではありません。仕事をする中で試行錯誤して、リーダーに成ってゆくものなのです。

  • マネジメントの基本を学ぶ

    会社などの組織においては、マネジメントが重要と言われています。若い頃にはあまり求められなくても、ある程度の年齢になれば仕事そのものの能力に加え、マネジメント力が問われてくるでしょう。それは単に仕事の能力ばかりではなく、人望なども含まれています。

  • 箱根駅伝をビジネスに援用する

    原晋の『逆転のメソッド 箱根駅伝もビジネスも一緒です』(祥伝社新書)は、2015年に初優勝を果たし、その後2018年まで4連覇を続けている青山学院大学陸上競技部の監督です。

  • 社員のやる気を「支援」する

    社員定着率を高めるためのステップとして「理念」「体現」「信頼」について触れてきましたが、最後に、第4のステップ「支援」について触れていきましょう。社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんがいう「支援」とは、「信頼」の話に出てきた社員を指導するといったこととは少し違うようです。

  • 社員に信頼されるリーダーの条件

    社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんが挙げる、社員が辞めない会社作りへのステップ、「理念」「体現」に続いて、3つ目は「信頼」です。社員との信頼関係を築くとはどういうことなのか、小池さんの持論から紐解いていきましょう。

  • リーダーの「体現」が理念を浸透させる

    理念とは会社そのものだと強調する、社員定着率96%を達成したリハプライム代表取締役の小池修さん。さらに理念が看板倒れで終わっては身も蓋もありません。リーダー自ら率先して理念を体現し、社員全員に浸透させていくことが肝心です。そのために何をするべきか。小池さんの会社が実践している方法に迫ってみましょう。

  • 会社は「理念」ででてきている

    経営理念とは創業時に抱いた「こんな会社を創りたい」「こんな会社にしたい」 という思いを言葉にしたもの。でも、リハプライム代表取締役の小池修さんは「経営理念は額に入れて社長室に飾ってあるだけではだめ」と強調します。理念を実践するとはどういうことか。掘り下げてみてみましょう。

  • 理念を浸透させる一つの方法

    「理念」は掲げているだけでは意味はなく、社員に浸透させることで初めて生きてくると、社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんは言います。では、理念を浸透させるのに不可欠なこととは何か。小池さんは「リーダー自らが率先して体現すること」が不可欠だと明言しています。

  • 社員定着率を上げる理念とは

    社員の定着率を上げるには待遇改善が大前提というのが、社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんの持論。しかし、定着率を100%に近づけていくためにはそれだけでは不十分だと、小池さんは言います。重要なのは4つのステップだと言うのですが、一体どんなことなのでしょうか。

  • 定着率がアップする昇給術とは?

    これまで社員が辞めたくなる理由と対策について触れてきましたが、意外に感じた方も少なくないのでは?そう、おカネ、つまり給料の話が一切出てきていません。不景気が長く続いた影響もあるのか、最近の若年層は給料に対してそれほど執着がないということなのでしょうか。とは言え、社員のモチベーションを上げるのに賃金は重要な手段のはず。そのあたりの関係を考えてみましょう。

  • 社員定着の大前提、待遇改善の極意とは

    社員が辞めたくなる理由は、休暇の取りやすさ、人間関係、先行きへの不安の3点に集約されるというのが、驚異の定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんの見識。ではそれらをどう解決していくのが合理的なのか、小池さんの経験談から見ていきましょう。

  • イマドキ社員はなぜすぐ辞める?

    「最近の新入社員はすぐ辞めてしまう」。人材不足に頭を抱える経営者からよく聞かれる言葉です。イマドキの若者の考えていることがよくわからない?昔に比べて根性がなくなった?やっかみを並べたくなる気持ちは分からないではありませんが、原因を突き止めなければ前には進めません。

  • 逆境からの「社員定着率96%」への道

    社員定着率が50%いけば上出来と言われる介護業界で、96%という驚異の実績を達成した、リハプライム代表取締役の小池修さん。しかし、この数字を実現するまでの道は決して平坦ではなく、試行錯誤の連続だったといいます。まずは成功までの道のりを見ていきましょう。

1 / 4 1 2 3 4 最後 »