出世する前に知っておきたい! マネジメントをする時の心構え。

仕事や勉強、スポーツ、するからにはちゃんとしたいもの。ちゃんとこなすにはちゃんとした心持ちや心構えが必要で、それらが無いと有るとではまったく効率が違います。また、マネジメントをする際にも役に立ちます。そこで今回は心持ちや心構えの名言といった観点から、マネジメントをする時の心構えを紹介します。


■マネジメントをする時の心構え

1. 「誰がいつまでに何をするか」

1つ目は経営管理についての名言。誰がいつまでに何をするのか、これを決めるのが最も大変です。ですが、逆に言えばこれが決まりさえすれば最大の山は越えたようなもの。後はただ成功に突き進むだけ。成功に至る道をただひたすら歩むのみです。

2. 「人の強みを活かせるのが優れたマネージャー」

2つ目は管理する人間についての名言。優れたマネージャーは人の強みを活かせるという点が優れています。管理する人の強みを最大限に活用し、弱みを凌駕するほどの活躍をもたらします。

3. 「まずは強みを見つけよ」

3つ目は強みについての名言。強みがなんであるかを把握するということです。とは言え、人間は何でもかんでも優れているというわけではありません。基本的に、人の強みというものは複数あるものではなくその強みを見つけることが先決です。

4. 「正しい人事のために4時間をかけなければ、後で400時間とられる」

4つ目は時間の使い方についての名言。上流にある簡単な仕事も、下流に行くと想像以上の労力がかかってしまうということです。場当たり的な対処を続けていったところ、最後のところでかなりのしっぺ返しを食らった経験があると思います。後に回すとプラスアルファの労力を割くことになってしまうのです。

5. 「自分にないスキルや資質を自覚し、それを持っている人を雇え」

5つ目は悟りについての名言。結局のところ、人は一人で何もかもできるわけではありません。絶対に何かしら人の手を借りて生活しているのです。そして、それらの人のお陰で、自分の欠点を補い、成功に至るのです。まずは、自分には何が足りていないのか、何が弱点なのかを把握することから始めましょう。

今回は、マネジメントをするにあたっての心持ちや心構えを紹介しました。出世をする前にマネジメント力を鍛えてみてはいかがでしょうか。

「有名人の成功のカギはドラッカーの『マネジメント』にあった(フランク・アーノルト)」の詳細を調べる

    
コメント