社員・部下の教育

社員教育は大切なマネジメントの業務です。職場ですぐに戦力に育てる方法、アルバイトや部下の育成に役立つ社員教育の方法を紹介します。

  • 社員のやる気を「支援」する

    社員定着率を高めるためのステップとして「理念」「体現」「信頼」について触れてきましたが、最後に、第4のステップ「支援」について触れていきましょう。社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんがいう「支援」とは、「信頼」の話に出てきた社員を指導するといったこととは少し違うようです。

  • 社員に信頼されるリーダーの条件

    社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんが挙げる、社員が辞めない会社作りへのステップ、「理念」「体現」に続いて、3つ目は「信頼」です。社員との信頼関係を築くとはどういうことなのか、小池さんの持論から紐解いていきましょう。

  • リーダーの「体現」が理念を浸透させる

    理念とは会社そのものだと強調する、社員定着率96%を達成したリハプライム代表取締役の小池修さん。さらに理念が看板倒れで終わっては身も蓋もありません。リーダー自ら率先して理念を体現し、社員全員に浸透させていくことが肝心です。そのために何をするべきか。小池さんの会社が実践している方法に迫ってみましょう。

  • 会社は「理念」ででてきている

    経営理念とは創業時に抱いた「こんな会社を創りたい」「こんな会社にしたい」 という思いを言葉にしたもの。でも、リハプライム代表取締役の小池修さんは「経営理念は額に入れて社長室に飾ってあるだけではだめ」と強調します。理念を実践するとはどういうことか。掘り下げてみてみましょう。

  • 理念を浸透させる一つの方法

    「理念」は掲げているだけでは意味はなく、社員に浸透させることで初めて生きてくると、社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんは言います。では、理念を浸透させるのに不可欠なこととは何か。小池さんは「リーダー自らが率先して体現すること」が不可欠だと明言しています。

  • 社員定着率を上げる理念とは

    社員の定着率を上げるには待遇改善が大前提というのが、社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんの持論。しかし、定着率を100%に近づけていくためにはそれだけでは不十分だと、小池さんは言います。重要なのは4つのステップだと言うのですが、一体どんなことなのでしょうか。

  • 定着率がアップする昇給術とは?

    これまで社員が辞めたくなる理由と対策について触れてきましたが、意外に感じた方も少なくないのでは?そう、おカネ、つまり給料の話が一切出てきていません。不景気が長く続いた影響もあるのか、最近の若年層は給料に対してそれほど執着がないということなのでしょうか。とは言え、社員のモチベーションを上げるのに賃金は重要な手段のはず。そのあたりの関係を考えてみましょう。

  • 社員定着の大前提、待遇改善の極意とは

    社員が辞めたくなる理由は、休暇の取りやすさ、人間関係、先行きへの不安の3点に集約されるというのが、驚異の定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんの見識。ではそれらをどう解決していくのが合理的なのか、小池さんの経験談から見ていきましょう。

  • イマドキ社員はなぜすぐ辞める?

    「最近の新入社員はすぐ辞めてしまう」。人材不足に頭を抱える経営者からよく聞かれる言葉です。イマドキの若者の考えていることがよくわからない?昔に比べて根性がなくなった?やっかみを並べたくなる気持ちは分からないではありませんが、原因を突き止めなければ前には進めません。

  • 逆境からの「社員定着率96%」への道

    社員定着率が50%いけば上出来と言われる介護業界で、96%という驚異の実績を達成した、リハプライム代表取締役の小池修さん。しかし、この数字を実現するまでの道は決して平坦ではなく、試行錯誤の連続だったといいます。まずは成功までの道のりを見ていきましょう。

  • 笑顔でやる気のあるスタッフと働ける! 小さな店でのスタッフマネジメント法

    お店の店長や経営者にとって、アルバイトでも社員でも、お店の人員確保って大変ですよね。すぐに辞められてしまったり、明らかにやる気がなかったり…。今回はそんな「ハズレスタッフ」ではない、理想のスタッフをゲットして、素敵なお店を作る方法をご紹介します。

  • ジャンプコミックスに学ぶ? 「さとり世代」を叱るときの4つのルール ~スタッフ・マネジメント虎の巻~

    揄されることの多い今どきの若者、いわゆる「さとり世代」。叱ると辞めてしまうので叱れないという人も多いのではないでしょうか。しかし、スタッフ・マネジメントのスペシャリストである鈴木亮さんは、「叱るから辞めるのではなく、良い関係性ができていないから辞めていく」ので

  • 上手に叱りたい! 部下を伸ばす3つのステップ

    「仕事が遅い」「文書にミスが多い」「先方に迷惑をかけてしまった」。そんな部下の失敗に悩まされるリーダーや上司の皆さんも多いことでしょう。そんなとき頭ごなしに叱っていませんか? 今回は、脳科学研究に基づいた効果的な叱り方をご紹介します。 ■ミスの報

  • 会社の愚痴ばかり言っているお荷物社員のやる気を出す方法

    あなたの会社にもいませんか? 会社の愚痴ばかり言っているお荷物社員。とはいえ、どうすれば彼らのやる気を出せばいいかもわからない人が多いですよね。でも、会社の愚痴ばかり言っているお荷物社員のやる気を出す方法があるんです。 お荷物社員の特徴 まずは

  • 忠犬ハチ公社員をデキるリーダーに成長させるマネジメント手法

    会社において可もなく不可もない忠犬ハチ公社員。いわゆる凡庸なサラリーマンですが、この忠犬ハチ公社員をデキるリーダーに成長させるマネジメント方法があります。一つ上のステージに成長させることで会社がさらに大きく成長します。 忠犬ハチ公社員の特徴 ま

  • 大分の怪物が教える! スタッフのやる気を引き出す時に重要な“5つのステージ”とは?

    あなたはこんなことで悩んでいませんか? 「スタッフのやる気が感じられない」 「言わないとやらないメンバーが多くて困っている」 「仕事に身が入っていない部下が多い」 「部下が育たないから、いつまでたっても現場を離れられない」 「チームがなかなかひと

  • 若手社員の流出を食い止めろ!! 退職を予防するための3つのキーワード

    厚生労働省によれば、大学卒業社員の3割が3年以内に転職をしているというデータが出ています。「せっかく育てた人材が…」という様にならないためにするにはどうすればよいのでしょうか。そこには3つのキーワードがありました。 1. 成長実感が持てるか 終

  • 教えると教わるは全く違う!! 教える立場に回った時の心構え。

    教えると教わるは全く違います。今まで一方的に教わる側だったのが突然、教える側になってもわかりやすく上手に教えることはできないでしょう。また、学校にいても会社にいても教育するという機会は必ず回ってきます。そこで今回は「教えること」について知っておきたいことを紹介

  • 教育はそんなに楽じゃない。人を叱る時と叱った後に考えること。

    叱りたくないけれど叱らなければならない、歳を重ねるにつれて叱って教育する機会が増えていくと思います。ですが、皆さんは叱ることに慣れていますか。普段から叱るのに慣れていないと上手に叱ることができないのではないでしょうか。ただ単に叱るのは愚の骨頂。叱るのにはちゃん

  • 教育場面では案外大事!! 「教える側」が知っておきたい八原則!!

    人に教えるというのは案外難しいもの。講師経験などがあり人に教える機会が多い人は心配ないと思いますが、教育を施した経験が無い人にとっては何をどうすればよいのかわからないのではないでしょうか。そこで今回は、教える側が知っておきたい八原則を紹介します。 ■教え

1 / 2 1 2 最後 »