教育場面では案外大事!! 「教える側」が知っておきたい八原則!!

人に教えるというのは案外難しいもの。講師経験などがあり人に教える機会が多い人は心配ないと思いますが、教育を施した経験が無い人にとっては何をどうすればよいのかわからないのではないでしょうか。そこで今回は、教える側が知っておきたい八原則を紹介します。


■教える側が知っておきたい八原則

1. レベルを合わせる

1つ目は「教える人のレベルに合わせて教える」ことです。教えている最初のうちは意識しているのですが、時間が経つにつれて忘れがちです。相手の気持ちになって、相手の立場に立った上で教えることを心がけましょう。

2. 目標を明らかにする

2つ目は自分が到達すべき「目標を明らかにする」ことです。目標があるときと無い時、明確な時とぼんやりとしている時では集中力が違います。目標をハッキリさせ、最短距離で習得させる環境を作りましょう。

3. つまずき場所を知らせる

3つ目はこなしていく上で「つまずく場所を知らせる」ことです。目標への道はずっと平坦だとは限りません。予め山を知らせることが、無益に自信な喪失することを防ぐことができます。

4. やるべきことをあぶり出す

4つ目は目標を達成するために「やることをあぶり出す」ことです。戦略が立ったら戦術に落としこむ、つまり日々やるべきことをリストアップすることが大事です。それを1つずつ潰していくことが目標達成に繋がります。

5. やり過ぎない

5つ目は目標の大きさや日々の勉強を「やり過ぎないようにする」ことです。とりわけ、長期的な目標を立てた時に起こりやすいです。人によってキャパシティは異なり、無理は継続を不可能にするので気を付けましょう。

6. 褒めて伸ばす

6つ目は怒って伸ばすのではなく「褒めて伸ばす」ことです。教わる側の気持ちを考えると、恐怖で伸びるより褒められて伸びる方が良いに決まっています。ただ、甘やかすことと紙一重なので上手くバランスを取りましょう。

7. 繰り返す

7つ目は根気よく「繰り返す」ことです。人間は慣れて問題を解けるようになってくると、自分が完璧にできるようになったと勘違いしがち。そこをもうひと踏ん張りし記憶を脳に刻み込みましょう。

8. 引き出す

8つ目は問題の答えを与えるのではなく、自ら「引き出す」ことです。魚を釣ってあげるのではなく、魚の釣り方を教えてあげるというものです。考える癖をつけ、自分の解を引き出すことも大事なのです。

以上の鬼八則を上手に用い、上手に教育できるようになりましょう。

「『分かりやすい教え方』の技術―『教え上手』になるための13のポイント(藤沢 晃治)」の詳細を調べる

    
コメント