自分の頭で考えるには

指示待ち人間と呼ばれる人たちがいます。仕事で何かを指示されるまで動けない人たちですね。これは一般企業においてはあまりよくないこととされています。ただ、やはり仕事というのは勉強と違って、目の前にあるはっきりとしたものというよりは不定形なものを扱うわけですから、ある意味では仕方がないとも言えるでしょう。

どう育てるか?

指示待ち人間を作らないようにするには、それを育てる上司の責任も大きいように思われます。篠原信による『自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書』(文響社)は、自分が何もしなくてもきちっと仕事をこなし、仕事を作ることができる部下を育てる方法について記されているものです。

指示のしすぎ?

指示待ち人間について本書の著者は、そもそも指示をしすぎることによって生み出されているのではないかと仮説を立てます。やはりそこにおいては、答えを用意してしまうというのは、逃げ道を用意することと同じであるわけですから、それなりに問題があると言えるでしょう。むしろ著者のまわりに集まってくる優秀とみられる人間は、指示待ちを優秀であるがゆえにしているようにも見えたそうです。そこから何をすればいいのかがおのずと導き出されてくるでしょう。