ワンフレーズに注目しよう

多くの人は、仕事をしていて上司からふとかけられた言葉によって勇気づけられた経験があるでしょう。その一方で、やる気を削ぐような発言を受けたこともあるのではないでしょうか。たった一言であっても、相手に与える影響は大きいものです。


ワンフレーズが大事

占部正尚による『部下のやる気を引き出すワンフレーズの言葉がけ』 (日本実業出版社 )は、話術に関する本です。それもただの精神論ではなく、アメリカのプロスポーツ界でコーチが選手を励ますための話術としてメソッド化されたものが紹介されています。スポーツはその一瞬一瞬の緊張が結果に大きく影響されるものです。そのため、しかるべきタイミングで最適な一言をかけてあげることが重要だといえるでしょう。

意識すべきポイントは?

本書では、相手への声かけについて、4つの大切なポイントを紹介しています。まずは目の前の事実をあるがままに受け入れること、これが何よりも大切でしょう。次に、捉え方の変換があります。物事をポジティブに考えていく方法ですね。さらには、コーチが選手にして欲しいことを直接要求するのではなく、うまい具合に言葉を変換し、そうさせるように組み立てることですね。また、相手が一歩を踏み出すために背中を押すことのできる一言についても解説されています。このメソッドを実践していけば、誰でもワンフレーズで相手を導くことができる、非常に参考になる一冊です。

    
コメント