部下を成功させるコミュニケーション技法とは?

世の中にはコミュニケーションに関する本が多く出版されています。そのどれもが、自らの成功を前提としているものが多いです。しかし、ビジネスシーンにおいては自分が上司となって部下の成功を促すシーンもあるでしょう。その時、どうすればいいのか迷ってしまうことも多いです。やはり、自分で成功することはたやすくても、他人を成功させるのは、それはそれで難しさが伴うのではないでしょうか。


どうすればいいのか?

本間浩輔による『ヤフーの1on1:部下を成長させるコミュニケーションの技法』(ダイヤモンド社 )は、ヤフーにおいて社長交代とともに実践されている、30分のコミュニケーションについて記された本です。ヤフーでは週に1度、上司が部下に対して30分の面談を行っています。これがどのような効果をもたらすのかについて記された本となっています。

どのような効果があるのか?

それでは、実際に30分のコミュニケーションはどのような効果をもたらしたのでしょうか。これまで一対一のミーティングと言えば作業の進捗状況などを確認するものとされてきました。しかしながら、一対一のコミュニケーションはそればかりではなく、そもそも部下の成長を促すためのものとして定義づけられています。いわば、現在に留まるばかりではなく、きちっと前を見ている志向であると言えるのではないでしょうか。そうした部分の重要さに気づかせてくれる本です。

    
コメント