教えると教わるは全く違う!! 教える立場に回った時の心構え。

教えると教わるは全く違います。今まで一方的に教わる側だったのが突然、教える側になってもわかりやすく上手に教えることはできないでしょう。また、学校にいても会社にいても教育するという機会は必ず回ってきます。そこで今回は「教えること」について知っておきたいことを紹介します。


■ 教えることは「キャッチボール」

教えるという行為は「先生と生徒の関係」が思い浮かぶように、教える側から教わる側へ向けた一方的な行為だと思いがちです。一見それは正しいように思えるのですが、実は違います。何のために教えるかというと「できるようになって貰いたいため」です。この考えにのっとると、自分が持っている知識や経験を生徒に投げるだけではなく、生徒から彼らの色が混じったボールを投げ返して貰う行為が必要です。

■「教える」ための心構え

1. 生徒をお客様だと思え

生徒をお客様だと思うということは、生徒が求めていることをすぐに察知するべきということです。よく見ることで、生徒の文化やバックがラウンド、今後の可能性を見極めることを可能とします。

2. 順番はどっちでもよい

先生と生徒の関係になり大事になってくる信頼関係。その際、先生が生徒を好きになるべきか生徒が先生を好きになるべきか問題が上がってきますが、それは大した問題ではありません。というより、「鶏が先か、卵が先か」というのと同じ問題です。

3. 生徒のやる気は教える側次第

はっきりとした目的意識を持った人がくるならば良いのですが、大半の人は明確な目的意識がないまま生徒です。その際、先生は一肌脱ぎ生徒のやる気を引き出さなければなりません。生徒のやる気は教える側次第なのです。

教える側の一工夫を取り入れると効果的に教えることができます。こういったことを頭に入れた上で、生徒や部下を教育してみてはいかがでしょうか。

「『分かりやすい教え方』の技術―『教え上手』になるための13のポイント(藤沢 晃治)」の詳細を調べる

    
コメント