若手社員の流出を食い止めろ!! 退職を予防するための3つのキーワード

厚生労働省によれば、大学卒業社員の3割が3年以内に転職をしているというデータが出ています。「せっかく育てた人材が…」という様にならないためにするにはどうすればよいのでしょうか。そこには3つのキーワードがありました。


1. 成長実感が持てるか

終身雇用制度という暗黙の前提が崩れ、大企業といえどいつ消滅するか分からない時代になりました。今の若手社員たちの、世間での自分の競争力を高め、会社に頼らずとも生きていける状態を早く実現することへの思いは、非常に強くなってきています。

仮に人気企業に入社したとしても、「自分は成長している!!」という実感が持てないと、退職を検討する1つの要因になってしまうのです。社員が成長を実感できるようなキャリア制度やメンタリング制度を導入し、成長実感を持ってもらうことが大切です。

2. 存在意義の実感が持てるか

大きな会社であっても小さな会社であっても、自分がその組織で必要とされている存在であることを実感できるかが大事です。

1つ目のキーワードの理由同様、終身雇用制度の崩壊が将来の不安感を仰いでいます。そういった不確実な中でイキイキと仕事をしていくには、自分らしさを発揮しながらも、周囲から自分の存在を認知され、評価されることが必要なのです。

「自分の能力が周囲の役に立っている」

「集団の利益に貢献している」

という実感を持てるかが非常に大切になってきます。日常的に上司が部下に良い面でのフィードバックをしたり、褒めたりすることが業務の中で求められます。

3. 成長期待が持てるか

成長した3年後の自分のイメージが描けるかどうか、というのがここでは大事になります。

新卒学生の会社選択基準のトップは、「自分がこの会社で成長できるか」という点にあります。入社後しばらくは仕事の新鮮感もあり、社会人として学ぶべきことも多いので、それなりに成長実感を感じつつ時間が過ぎていきます。しかし、一定の期間、経験を積んでくるとマンネリ感が出てき始めます。その時に、自分は将来も成長し続けられるのか?という疑問が湧いてくるのです。

1つ目のキーワードにあった成長実感を「今」は感じられていたとしても、「今後も継続して」成長期待が持てなければ、転職する要因になってしまうのです。

数カ月や1年という短いスパンではなく、3年・5年といった長いスパンでどのようにキャリアアップしていきたいのかを若手社員と話し合い、頭に描きながら仕事に打ち込んでもらうことが大事になってきます。

これからの人材育成は、ひと昔のように「俺の背中を見て学べ!」では上手くいかなくなってしまいました。個々人が、自分の成長と役割を求めるようになっています。若手社員がイキイキと働き、会社の戦力となるためにも、再度会社の育成制度を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

「3年目社員が辞める会社辞めない会社(森田英一)」の詳細を調べる

    
コメント