社員に信頼されるリーダーの条件

社員定着率96%を実現したリハプライム代表取締役の小池修さんが挙げる、社員が辞めない会社作りへのステップ、「理念」「体現」に続いて、3つ目は「信頼」です。社員との信頼関係を築くとはどういうことなのか、小池さんの持論から紐解いていきましょう。

「人は誰もがダイヤの原石」

第2のステップ「理念の体現」ができれば、リーダーの思いは社員の間に浸透し、ひとまず良好な関係が保たれるはず。しかし、それだけで信頼関係が構築できたとは言い難いと、小池さんは指摘しています。信頼されるリーダーになるためには、まず基本的な考え方から改める必要があるというのです。 まず、本来「ダメな社員」などいない、「人は誰もがダイヤの原石」という考えに立つべきだと、小池さんは言っています。どんな社員も磨けば光る。まだ光っていない社員がいるのは、磨いていない、もしくは磨き方が足りない、磨き方を間違っているかのどれかであると。言い換えれば「社員の長所も欠点も受け入れる覚悟をする」というわけです。

部下を善悪で判断しない

注意すべきは、部下の態度を善悪の視点で判断しないことだと、小池さんは言います。電話の応対などで、ぶっきらぼうな態度をしている社員がいたら「ダメな奴だ」と決めつけるのではなく、「やり方を知らないのか。それなら教えよう」と指導する。その社員に「自分を信じてくれる味方」とわからせることで、社員は心を開き、次はうまく対応しようという気持ちになっていくというわけです。

親子のように社員を信じる

「それじゃダメな社員を許していませんか?」と言ってくる社員に、小池さんは「見ているところが違う」のだと説明するそうです。信頼関係が生まれるには、まず、裁判官のように真偽を判断するのではなく、仮に間違っていることでも親が子を信じるように、心から味方になって社員を「素晴らしいダイヤの原石」だと信じて、価値に気づいてあげることだと。そして、人間関係には「自分のやったことが、そのまま、自分に返ってくる」という、たった一つの「時間差の鏡の法則」しかないと断言しています。リーダー自ら部下を信じないところに、信頼関係が成り立つことはない、是非心に留めておきたいですね。 参考書籍:小池修著「日本一社員が辞めない会社」(ぱる出版刊) 筆者プロフィール 足立謙二 時事通信記者を経てフリーライターに。雑誌「昭和40年男」、ねとらぼなどエンタメ系サイトなどでサブカル、アニメ、特撮などを中心に執筆。Twitterアカウントは@adaken