組織力を向上させるチームマネジメント

ビジネスにおいて強固な人間関係を築くことが出来たチームは強いもの。そこには、チームを率いるリーダーのマネジメント力が問われてくるのは間違いないでしょう。組織力を向上させるようなマネジメントはどのようにしたら良いのでしょうか? 今回は高いパフォーマンスを見せるチームの作り方をご紹介します。


■チームとはどのように作るのか

まず認識しなくてはいけないことが、グループとチームは異なるということ。グループは、メンバーの頭数に合わせて作業が割り当てられるのに対し、チームというものは、メンバーの特性に合わせて作業が割り当てられます。すなわち、チームと言える組織を作るときには、メンバーの特性をそれぞれ認識し、各メンバーに応じた作業の割り当てをする必要があります。

■チームの3要素

チーム作りで欠かせない3つの要素があります。

1. ベクトル

ベクトルとは、チームの方向性や明確な方針や目標のこと。優れたチームほど、ベクトルをメンバー間で共有されていなくてはいけません。

2. プロセス

プロセスとは、ゴールに向けた約束事、誰が何をどうやるのか、リーダーは誰かという手段のこと。プロセスが明確なチームほどスピード感があります。

3. ヒューマン

チームで欠かせないのが、メンバーのタイプ、すなわちヒューマンを理解することです。縦軸に自己主張、横軸に感情を表面上に出すかどうかをそれぞれとることで、以下の4つのタイプに分けられます。

  • 友好派:自己主張が弱く、感情を表に出す
  • 表現派:自己主張が強く、感情を表に出す
  • 分析派:自己主張が弱く、感情を表に出さない
  • 推進派:自己主張が強く、感情を表に出さない

メンバーがのこれらの4つのタイプのどれに当てはまるのかを理解し、そのタイプに応じた対応を行いましょう。

■パフォーマンスの高いチームとは

ハイパフォーマンスのチームで、最も大事なのがメンバー間の高い相互信頼です。こうしたチームでは、率直的かつ建設的な意見交換が可能となり、必要に応じて、担当を超えた協力が行われます。当事者意識がメンバーそれぞれにあり、互いに成長を望み、相互支援を行うチームとなると、パフォーマンスも当然のことながら高くなるのです。

年功序列が当たり前ではなくなり、現代は多様な人材の中、マネジメントが難しい時代とも言われています。マネジメントを考え直したい方は、

「チーム・ビルディングの教科書―組織力向上のための最強メソッド」

を参考にしてみてはいかがでしょうか。

「チーム・ビルディングの教科書―組織力向上のための最強メソッド(ピープルフォーカスコンサルティングハイパフォーマンスチーム研究会)」の詳細を調べる

    
コメント