経営者を襲う3つの悪魔の罠

「経営者の悩みはつきない」 とよく言われますが、 ・自らの経営に、全社員および全社員の家族の生活がかかっている ・商品やサービスに問題が起きたら社長が実名で報道されることになる ・業績好調でもボーナスが少ないと逆に社員の不満を買うことがある などなど、経営者の苦悩は数えきれません。 そんな経営者の苦悩に付け込み、 「企業の経営を乗っ取ろうとする悪魔がいる」 と警告するのが、『経営革命参謀』大久保治仁著(全8巻)です。 本記事では、『経営革命参謀』の第1巻の中から、 経営を乗っ取ろうとする悪魔の罠をご紹介します。

【悪魔の罠】その1:社長をおだてることで信用を得る

経営者の苦悩につけ込む悪魔は、経営者の転落を、意図的に、 そして計画的に遂行していきます。 「さすが、社長!」 と経営者をおだてることで、信用を得ようとします。 そして信用を得たうえで、 「夜の街に遊びにいきましょう」 と美酒に酔わせたり、 「この女性、かわいいでしょう」 と美人に眼をくらませたりと、経営者の弱みを握ろうとします。 弱みを握られた経営者は、しだいに悪魔の言いなりになっていき、 経営を乗っ取られていくのです。

【悪魔の罠】その2:社長に仕事をさせないようにする

「経営者の仕事は、徳を積むことだよ」 と言うようになった経営者は、 悪魔の言いなりになっている可能性があります。 自らの会社の経営を、自らの頭で考えなくなっているのです。 経営幹部の中に潜む悪魔の 「現場のことは我々に任せてください」 という言葉を信じたり、コンサルタントのふりをした悪魔の 「私の考えた計画通りにやれば安心です」 という言葉を信じたり。 悪魔の言葉を信じ、経営を他人にコントロールされてしまっては、 本当に解決すべき問題は放置され、スキだらけとなります。 経営を乗っ取ろうとする悪魔は、 自らに都合のよいように経営をコントロールしたいだけなのです。

【悪魔の罠】その3:社長を天狗にして夫婦喧嘩をさせる

経営者にとって、現在の自分があるのは、 「お客様」「社員」「取引先」「投資家」「金融機関」 そして何よりも「家族」のおかげです。 特に「伴侶」は、経営者にとって敵に回してはならない存在です。 それにも関わらず、悪魔に操られた経営者は、 いつしか態度が傲慢となり、周りへの感謝の心を忘れていきます。 「女房に浮気を疑われてトラブルになった」 などとプライベートに気を取られているうちに、 「優秀な社員が顧客を連れて独立した」 「経営幹部が会社のお金を使い込んでいた」 「業績が下がって社員が次々と辞めていった」 と経営のトラブルが続出し、倒産の危機に直面するのです。 以上、『経営革命参謀』の第1巻より、経営を乗っ取ろうとする悪魔の罠を3つ ご紹介しました。 本書には、今回ご紹介した悪魔の罠以外にも、 経営者からの生々しい相談事例が満載です。 相談に真摯に向き合い、決して安易に答えを提示しない 本書を読んでいると、経営者を正しい道へと 導いてくれているように感じました。 「経営者にとっての“よき参謀”として、  経営者自らが経営に革命を起こすよう導いていく」 本書のタイトルである『経営革命参謀』には、 きっとそのような意味が込められているのではないでしょうか。