一流のリーダーになる方法

一流のリーダーには、人もお金もついてきます。一流のリーダーの考え方や、人もお金もついてくるリーダーになる方法を紹介します。二流になるな、一流のリーダーになれ!

  • 誰でもできることからはじめる

    ビジネスをやるうえで、人としてのパーソナリティの向上は欠かせない要素です。自分みがきという言葉でも言い換えられるでしょう。しかしながら、いきなり英会話にチャレンジしたり、あるいは異業種交流会に顔を出したりといったことをしても、なかなかうまくいかないものです。もっと、基本に立ち返って考える必要があるでしょう。誰でもできることをやっていないのではないか、そうした目の向け方は重要です。

  • 初めて管理職になった人が犯しがちな典型的な失敗10選

    株式会社武蔵野の代表取締役社長である小山昇さんが長年、経営者として部下を見てきて、初めて管理職になった人が必ず犯す失敗があることに気づきました。これから管理職になる人は予習として、既に管理職の人は、自分の仕事を振り返るチェックリストとして、活用してください。そ

  • 全管理職の禁煙を成功させた会社の秘密

    喫煙者は煙草を吸っている間、仕事をしていません。それなのに同じ給料をもらっているのは不公平と思ったことはありませんか? さらに、煙草を吸うと病気のリスクが高まります。 しかし、どんなに喫煙の弊害を説いても、常習性のある煙草をきっぱり断ち切らせるのは並大抵

  • デキる人は指導役に向かない理由

    デキるエリート社員はえてして若手の指導役に向きません。むしろ若いときにはパッとしなかった上司のほうが、指導役として適任であることが多いものです。理由は3つあります。その理由を株式会社武蔵野の代表取締役社長である小山昇さんの新刊「小山昇の失敗は蜜の味 デキる社長

  • こんな億万長者の話も信用してはいけない? ゼロが2つ多い人の話は参考にしてはいけない理由

    世の中には信用できるかどうかは別として、成功本や成功のコツがあふれています。しかし、その中でも注意して欲しいポイントがあります。それはゼロが2つ多い人の話は参考にしてはいけないということです。その理由を「小山昇の失敗は蜜の味 デキる社長の失敗術」より紹介します

  • なぜ武蔵野の本社はみすぼらしいのか?

    会社の本社は新築物件やおしゃれさが重視されることも増えてきました。しかし、武蔵野という会社では「あえて」本社はみすぼらしくしています。その理由について株式会社武蔵野の代表取締役社長である小山昇さんに聞きました。 成功者と見られた途端に嫌われる

  • 裸の王様ならぬ、裸のリーダーになっていませんか。

    「面倒をみていた部下が辞めてしまった」「同僚にグループから抜けたいと言われた」なんて、自分はよかれと思ってやっていたことなのに、他人から認められないことってありませんか。 自分なりに一生懸命仕事していた手前、「相手との相性が悪かったかな……」なんて責任転

  • 礼節と誠実は最強のビジネススキルです。

    世界大手の人材派遣会社のアカウンテンプスが『フォーチュン誌』で発表した研究によると、企業のマネジャーや幹部は、勤務時間の13%(1年の2か月弱)を、社員の人間関係の修復や無礼な行動の後始末に費やしているという驚きの事実があります。それほど、生身の人間同士の関係

  • リーダーシップを状況に合わせて使い分けろ! 6つのタイプのリーダーシップ

    リーダーシップというと、メンバーをグイグイと引っ張って成果を出させる強いリーダー像を思い浮かべる人が多いかもしれませが、それは6つあるリーダーシップのスタイルの1つにすぎません。強引に引っ張ることだけがリーダーシップのあり方だと勘違いすると、みんなのやる気をそ

  • 時代が求める勝ち続けるリーダーになる方法

    時代が求める勝ち続けるリーダーになる方法を紹介します。組織の発展段階に応じたリーダー像、運やツキを味方につける考え方もわかります。 時代が求めるリーダー 時代の流れを鋭く感じ取る感性を持ち、ビジョンや目標を掲げて、それを実現するための改革を断行して

  • 一流のリーダーは孤独を愛している。二流のリーダーは本当の孤独を知らない。

    「経営者は孤独である」といわれています。最終的に頼れるのは自分だけだからです。どれだけまわりの人に相談したところで、最後の最後は自分自身で決断しなければいけないからです。 また、その責任はすべて自分で背負っていかなければならないこと。こうしたときに経営者

  • 二流のリーダーほど「飲みニケーション」に誘いたがる!? 一流のリーダーの人付き合い

    部下と「飲みニケーション」していますか? もし「飲みニケーション」を積極的にしているのであれば、あなたは二流のリーダーです。一流のリーダーは価値の無い人付き合いはしないからです。今回は、一流のリーダーになるための人付き合いの考え方を紹介します。

  • 一流のリーダーが「ブランド品」を自然に着こなす理由

    人もお金もついてくる一流のリーダーは、「ブランド品」を自然に着こなします。一方、人とお金に見放される二流のリーダーは、「ブランド品」に着られています。この違いは、どこから生まれているのでしょうか? ■お金は使い方が大切 お金の使い方には、モラル

  • デキるリーダーはカリスマ性に頼らない。

    デキるリーダーになるには、カリスマ性が必要だと言われています。しかし、本当はカリスマ性は必要ありません。多くの人が、カリスマ性を「生まれながらに持ち合わせている「天性」のもの」と誤解しています。しかし、デキるリーダーはカリスマ性に頼りません。なぜでしょうか?

  • 人もお金もついてくるリーダーになるたった1つの方法

    「人もお金もついてくるリーダー」になるためとても大切なことがあります。それは、「世の中でよいといわれていることを素直に受け入れ、実行していくこと」です。一体なぜ「素直さ」が大切なのでしょうか? ■素直さが成功の秘密 素直さは、人が成長していくた

  • 人もお金もついてくるリーダーになるための7つの質問

    管理職になっている人に質問です。あなたは、「人もお金もついてくるリーダー」になれていますか? 今回は、人もお金もついてくるリーダーになるための7つの質問をします。あまり考え込まず、思いつくままに答えてみましょう。 ■人もお金もついてくるリーダーに

  • 人もお金もついてくるリーダー、人とお金に見放されるリーダー

    「また、あの人と一緒に仕事をしたい」 「あの人の指示だからがんばってみよう」 と相手に好意的に受け止めてもらえるリーダーがいます。その一方で、 「あの人は仕事はできるけど、一緒に仕事をしたくない」 「あの人のいうことはいつも正しいけど、従いたく

1 / 1 1