リーダーシップを状況に合わせて使い分けろ! 6つのタイプのリーダーシップ

リーダーシップというと、メンバーをグイグイと引っ張って成果を出させる強いリーダー像を思い浮かべる人が多いかもしれませが、それは6つあるリーダーシップのスタイルの1つにすぎません。強引に引っ張ることだけがリーダーシップのあり方だと勘違いすると、みんなのやる気をそぎ、チームを空中分解させる恐れがあります。リーダーシップは状況に応じて使い分けることが必要です。


1. ビジョン型リーダーシップ

このタイプのリーダーは、目指すところを言葉で示します。ただ、目指すゴールに到達する方法は押しつけません。全体像を示されることで、部下は自分の仕事がどこに位置して、どのような役割を担っているのかを理解します。一人一人が目標に向かって努力しているという自覚があり、チームに対しての強いコミットメントも生まれます。6つのリーダーシップの中では、チームをまとめるのにもっとも効果的なタイプです。

2. コーチ型リーダーシップ

課題の達成より、個人の育成に重点を置くリーダーです。部下に自分の長所や短所を気づかせ、それを踏まえたうえで仕事の目標に到達するプロセスを手助けします。この型のリーダーシップは、つねに能力向上を目指す部下には最大の効果を発揮します。一方、モチベーションを欠く部下にはフィットしないことがあります。部下を指導するだけの専門知識や思いやりが必要とされるという点でも、ややハードルが高いリーダーシップといえます。

3. リレーション型リーダーシップ

みんなを仲良くさせて、チームの共鳴を生み出すリーダーシップです。直接的にパフォーマンスの向上を目指すものではありませんが、気持ちを前向きにさせる効果は大きく、結果的にそれがパフォーマンスにもつながります。日本企業でよく見かけるリーダーシップのスタイルです。

4. パートナー型リーダーシップ

成果を出すことより、メンバー全員がチームにコミットメントしていることを重視するリーダーシップです。一人一人の意見を聞きながら進めるのでメンバーの満足度は高まりますが、対話を重ねるばかりで結論が出ず、仕事のスピードが遅くなるという欠点も抱えています。リーダーが進むべき方向を見失っている場合にはそれなりに効果を発揮しますが、逆にいうと、ビジョンが見えているときは避けたほうがいいことになります。

5. ペースセッター型リーダーシップ

リーダーが率先垂範で高いパフォーマンスを発揮して、部下にもそれを求めます。メンバー全員が有能でモチベーションが高く、特別に指導監督する必要がない場合は、このスタイルがもっとも効果を挙げます。ただ、放任になりやすく、メンバーのモラルが低いと逆効果になることもあります。

6. パワー型リーダーシップ

強権を発動して指示に従わせるリーダーシップです。命令に即座に従うことを要求する一方で理由を説明しないため、不協和音を招きやすい。欧米では強制型が多いと考えられがちですが、じつはGEのジャック・ウェルチ氏もこのタイプのリーダーをもっとも嫌っています。平時はトラブルを生みやすいやり方ですが、危機的な状況を乗り越えなくてはいけない場面では力を発揮することもあり、一概に不要とは言い切れません。

どれか一つのスタイルが100%正しいというわけではありません。会社やチームが置かれた状況やメンバーの実力によって、ふさわしいリーダーシップは変わっていきます。普段からレパートリーを豊富に持ち、臨機応変に使い分けていくリーダーが、BQの高いリーダーです。

参考本

「BQ〜次代を生き抜く新しい能力〜(林野宏)」

    
コメント