マネジメントの基本を学ぶ

会社などの組織においては、マネジメントが重要と言われています。若い頃にはあまり求められなくても、ある程度の年齢になれば仕事そのものの能力に加え、マネジメント力が問われてくるでしょう。それは単に仕事の能力ばかりではなく、人望なども含まれています。


どうすればいいのか?

シェルパ著、野田稔監修による『図解&事例で学ぶ課長・部長マネジメントの教科書』(マイナビ)は、管理職、中間管理職のマネジメントのポイントを紹介した本です。本書の特徴は、説明文の羅列だけではなく、図解と事例が並んでいるところにあるでしょう。そのため、手元においておき、わからない時、立ち止まった時、迷った時にさっと開いて読むことができるお助け本としても活躍するでしょう。

何が書かれているのか?

本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか。ポイントを紹介すると、まずはリーダーシップの基本の精神が解説されています。表面的には理解していたとしても、なかなか全容がわかりにくいものも多いです。そのため、ここでポイントをおさえるのは重要でしょう。さらに、管理職に必要な成績評価、予算管理、リスクマネジメントといったものについても解説されています。自分の常識が世間の非常識だったということもよくありますが、本書はメソッドに沿って書かれているので、あらゆるシーンに応用可能な一冊に仕上がっていると言えるでしょう。

    
コメント